VIRGIN BMW | 【S1000RR 徹底解剖】オプション&パーツ紹介 BMWバイク モデル別ディテール紹介

【S1000RR 徹底解剖】オプション&パーツ紹介

  • 掲載日/2017年02月17日【BMWバイク モデル別ディテール紹介】
  • Text / Keisuke ASAKURA,Ryo TSUCHIYAMA  Photo / BMW Motorrad,Tomonobu FUCHIMOTO

純正オプションで注目なのは、パフォーマンスパーツ。公道使用可のパーツから、本物レース専用パーツまで組み合わせは無限大、自分だけの1台を作り上げよう

選ぶのが楽しい!豊富な純正オプション

現行S1000RRの国内仕様は、2015年モデルでは 4タイプのカラーリングが用意されている。カラーによって車両価格が異なるが、マシンの基本仕様は全車共通になっている。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

ライト・ホワイト/ルピン・ブルー・メタリック/レーシング・レッド +4万円

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

レーシング・レッド/ライト・ホワイト +3万円

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

ブラック・ストーム・メタリック/レーシング・レッド +3万円

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

ブラック・ストーム・メタリック

S1000RR
ディーラーオプション装着車

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

HPチタン製フルエキゾーストシステム、ハイウインドシールド(スモーク)、コンフォートシートを組み込んだオプション装着例。

DDC非装着車両(注文生産)も選べる

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像
【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

DDCを持たない他、グリップヒーターも装備されない。ウインカーがLEDから一般的なバルブに変更。ホイールは鍛造品になり、タイヤは200/55-17サイズが装着される。価格は222万円、納車には時間がかかる。

ここからは、15年型のS1000RR用に設定されているBMW Motorrad純正のオプションパーツを紹介していこう。

PERFORMANCE

カーボンパーツからエキゾースト、プロテクター類まで、S1000RRのポテンシャルをさらに引き上げるハイパフォーマンスパーツ群。デザイン性&フィッティング性の高さが純正クオリティ。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

HP カーボンフロントフェンダー ●価格:6万5,923円
カーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)製のフロントフェンダー。スポーティなルックスと軽量化を両立。UV耐性に優れる光沢塗装済み。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

HP カーボンサイドフェアリング ●価格:13万723円
サイドカウル上部の分割パーツをカーボン製にチェンジするアイテム。純正カラーが赤/白ツートンの車両では、白い樹脂パーツ部分を交換する。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

HP カーボンタンクカバーセット ●価格:13万5,604円
同じく樹脂製のタンク両サイドのカバー部をカーボンへ変更するキット。カバーは左右分割で、こちらは左右セットでのキット価格となっている。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

HP カーボンエアボックスカバー ●価格:9万8,085円
タンク前方から上部にかけての樹脂パーツをカーボンに。面積が大きな部分だけに、カスタムアピール度はかなり高い。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

HP カーボンエンジンスポイラー ●価格:25万6,608円
重量的には最大の軽量化効果が望めるカーボン製のアンダーカウルキット。これらカーボンパーツにはすべて取り付けビスなども付属している。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

HP カーボンリアフェンダー ●価格:6万8,234円
社外品へ交換する人も多いリアフェンダーだが、純正でもカーボン仕様が存在する。無駄のない形状やフィッティングの確かさはさすがの純正クオリティ。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

HP カーボンチェーンガード ●価格:5万7,261円
外装を純正フルカーボン仕様にするには金銭的にちょっと……という人におススメなのが、チェーンガード。比較的手ごろな価格で交換できる。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

プラスチック製リアセクションカバー ●価格:4万7,088円(レーシングレッド)
タンデムシートは使用しないと割り切るのなら、こんなパーツはどうだろう。タンデムシートと交換して使用する。キーシリンダーは純正流用可。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

ハイウインドシールド ●価格:クリア:3万2,400円 スモーク:3万4,560円
純正のスクリーンでは高さが足りないと感じる人におすすめしたいのがハイウインドシールド。レーサーのようなバブルタイプで防風性は高い。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

スモークウインドシールド ●価格:3万240円
純正と同じ高さのスモークシールド。マシンのイメージをガラリと変えることができる。ただし、スモークゆえ視界は少々悪いのでご注意を。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

HP 鍛造ホイールセット ●価格:55万9,245円
純正比で約2kgの軽量化を実現する、鍛造アルミホイールの前後セット。ハンドリングやサスペンションの応答性では明らかな違いを体感できるはず。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

HP フロントフットレストセット ●価格:10万6,920円
CNC加工による高精度な削りだしの質感と、人間工学に基づいた確かな設計で、ドレスアップと操作性向上を両立したステップ。アルマイトも美しい。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

HP リアフットレストセット ●価格:2万6,222円
フロントフットレスト同様のデザインを持つリアフットレスト。これら純正オプション品についても、車両開発と同時に丹念にデザインされている。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

HP ブレーキレバー(可倒式) ●価格:3万3,480円
美しいCNC加工が目を引く、可倒式レバー。グリップとの距離も数段階で調整可能だ。切削品ながら、丁寧なR加工によって、肌さわりも良い。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

ブレーキレバープロテクター ●価格:2万5,920円
もはやサーキットユースには欠かせない装備となったレバープロテクター。万が一、他車と接触するような事態での不要なフロントロックを防止する。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

HP クラッチレバー(可倒式) ●価格:3万3,480円
ギアアシスタントプロの採用で、あまり出番のないクラッチレバーだが、ブレーキとセットで交換したい。左右ともBMW Motorradのレーザーロゴ入り。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

HP Race チェーンテンショナー ●価格:1万6,200円
純正では簡素な仕上げのアルミが使用されているテンショナー部の質感をアップさせる。アルマイト仕上げとHPロゴでキラリと個性を演出できる。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

Akrapovic スポーツサイレンサー ●価格:12万4,200円
迫力のサウンドが楽しめるほか、純正比で約1.8kgの軽量化を実現する。音量を上げたくない人向けに「dbキラー」という後付消音器(9,612円)もある。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

HP チタン製フルエキゾーストシステム ●価格:48万4,358円
エキゾーストパイプ、触媒、サイレンサーまでオールチタンで構成された一品。非常に高価だが純正比約3.7kgの軽量化につながる。公道使用可。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

HP ラップタイマー用赤外線レシーバー ●価格:6万3,720円
標準装備されているラップタイマー機能と連動させることで、ラップタイム計測を自動化できる。サーキット走行を楽しむなら、是非装着しておきたいパーツ。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

HP Race データロガー ●価格:10万8,000円
ラップタイムやレースデータなど、各種走行情報を保存できる。コース攻略の必需品で、USBメモリ経由でデータを取り込み、PC上で解析も可能。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

エンジンプロテクター(左右) ●価格:4万4,928円
不意の転倒の際に、エンジン本体へのダメージを最小限に食い止めるエンジンプロテクターの左右セット。街乗りユーザーにもおすすめしたいアイテム。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

アクスルプロテクター前後輪用セット ●価格:2万9,376円
耐摩耗性と耐衝撃性にすぐれる樹脂を使用したアクスルプロテクター。中心部にはBMWのロゴが入る。本キットは、前後輪セットとなる。

COMFORT

ハイパフォーマンスの追求だけがS1000RRの楽しみ方ではない。デイリーライドから週末のツーリングを楽しむためのパーツも各種用意されている。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

クルーズコントロール ●価格:8万5,320円
ツーリングライダーにおすすめしたいクルーズコントロール。長時間走行での疲労を大幅に軽減。要クラッチコントロールASSY(別売)

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

コンフォートシート ●価格:3万8,880円
快適なクッション性を求めて814mmの標準シート高よりも26mmアップとなる840mmの高さとしたコンフォートシート。3トーンカラーがアクセント。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

コンフォートタンデムシート ●価格:3万2,400円
純正のタンデムシートよりもクッション性を持たせて、さらに座面も広く確保したシート。タンデムライダーへの思いやりも忘れずに。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

タンクバッグ ●価格:3万8,880円
容量約13Lを誇る防水タンクバッグ。上部にマップホルダーを備えるほか、キャリングハンドル、着脱式のショルダーベルトも備えている。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

リアバッグ ●価格:4万8,600円
タンデムシートの上でも滑りづらいリアバッグ。25Lの容量は32Lまで拡大可能で使い勝手も良い。コンフォートタンデムシートとの併用は不可。

MAINTENANCE

サーキット走行会やレースのパドックで便利なアイテムが用意されているのもS1000RRならでは。もちろん、レーストラック以外でも自宅での保管やメンテナンスにもピッタリ。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

スポーツ補助スタンド2(リア) ●価格:5万4,194円
リアホイールを安全&確実にリフトアップするリアスタンド。純正品ならではの美しい仕上がりはもちろん、わずかな力で操作できる使い勝手もうれしい。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

スポーツ補助スタンド2(フロント) ●価格:4万9,680円
フロントフォークのボトムケースを支持してフロントホイールをリフトアップするスタンド。サーキットユーザーは前後とも揃えておきたい。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

ADVANTEC Ultimate ●価格:1L:3,672円
BMW Motorradの高性能エンジン専用に開発されたエンジンオイル。Ultimateはフルシンセティック(100%化学合成)で、粘度はSAE 5W-40。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

HP Race ボックスマット ●価格:4万3,200円
サーキットのパドックや自宅での保管用に重宝するマット。各種メンテナンスの際に使うと、ボルトなどの小さな部品を紛失しづらいというメリットも。

【S1000RR 徹底解剖】オプション 詳細解説の画像

インドア用モーターサイクルカバー ●価格:3万1,320円
屋内使用が前提のバイクカバー。S1000RR、S1000R、HP4専用のカッティングラインで、愛車にぴったりフィット。スポーティなデザインも嬉しい。

注目のアイテムはコチラ