VIRGIN BMW | BMW Motorrad GSトロフィージャパン 2013「インターナショナルGSトロフィー予選」編 特集記事&最新情報

BMW Motorrad GSトロフィージャパン 2013「インターナショナルGSトロフィー予選」編

  • 掲載日/2013年06月28日【特集記事&最新情報】
  • 取材協力/BMW Motorrad Japan  撮影/VIRGIN BMW.com × BMW BIKES  文/VIRGIN BMW.com 編集部

BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像

INTERNATIONAL GS TROPHY とは?

2年に一度、各国を代表するGS乗りたちでそのスキルを競い合う『INTERNATIONAL GS TROPHY』。“もっともタフなGS乗りを決める国別対抗戦”はこれまで2008年(チュニジア)、2010年(南アフリカ)、2012年(チリ)と三度開催され、そのいずれにも日本は代表選手3名を送り込んできている。今回は来年2014年に開催されるINTERNATIONAL GS TROPHY(開催国等は未定)の日本予選 一次ラウンドで、ここGS TROPHY JAPANで勝ち残った10名が最終選考会に挑み、勝ち抜けた3名に本大会への切符が手渡される。

世界大会でのプログラムの過酷さは日本の比ではなく、それゆえスキルチャレンジとは別格のハードなプログラムが用意されている一次ラウンド。GSを操る高い技術もさることながら、強靭な肉体と強いハートが求められる本予選、その模様をご覧いただきたい。

BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
2年に一度、各国を代表するライダーが一同に集結してそのスキルを競い合う世界大会、それが INTERNATIONAL GS TROPHY。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像

INTERNATIONAL GS TROPHY 2014 日本予選一次ラウンド

過酷な本大会で上位に食い込むための
かつてないほどヘビーなコースを設計

このINTERNATIONAL GS TROPHYは2年に一度の開催なので、本来であればその予選も、今年ではなく来年のGS TROPHYでの実施が通常。しかし、昨年の同世界大会での日本代表の成績(15チーム中15位)を受け、インストラクターを務める三橋 淳さんから「よりレベルの高い代表選手を送り込む」ために、一年前倒しで予選を実施し、最終的に勝ち上がった3名をさらに強化してから本大会に挑むことになった。となると、強化する選手は相当にタフでなければならない――ということで、まだ一次ラウンドながら、過去に例を見ないほどのハードなプログラムが組まれた!

BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
インストラクターの三橋 淳さんが全プログラムを設計。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
アップダウンの激しいさかえ倶楽部スキー場に設けられた特設コースを自身のバイクで10周。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
高低差が180メートルの山頂までランニング。山頂に記された合言葉を書き記して戻ってくる。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
自身のバイクのフロントタイヤをまず外し、車検を受けた後、再度取り付ける(センタースタンド使用不可)。

フォトレポート

BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
2日めの朝、前日の夜まで続いた雨はすっかりやんで快晴に!
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
メイン会場にて朝食のお時間。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
すでに豪勢なモーニングがずらり!
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
ハンバーガーとサンドウィッチ、ミネストローネのスープ、サラダ、オレンジというメニュー。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
朝食を終えると、チラホラを出発する人の姿が。ドロだらけの車体が、昨日の過酷さを物語っていますね。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
INTERNATIONAL GS TROPHY の予選か、2日めのコマ図ツーリングか、それとも帰路につくのか……。いずれにしても、お気をつけて。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
昨日の悪天候がウソのような快晴、そして笑顔。やはり天気の良い日に乗るバイクは快適ですね!
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
閉会式、そして記念の集合写真!
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
場所は変わって、スキルチャレンジの予選が行われたさかえ倶楽部スキー場。ここが INTERNATIONAL GS TROPHY の一次ラウンドの会場です。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
選考会の受け付けが開始。皆笑顔ながら、やっぱり緊張している……?
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
徒歩でコースを下見する参加者。しかし、プログラムの発表はこれから。はたしてどんな内容なのか。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
昨日のコマ図ツーリングやスキルチャレンジに挑んだGSたちが、昨日以上に困難な予選に挑戦します。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
今回のプログラムを総指揮した三橋 淳さんより、プログラムの内容が発表されます。最初は掴みどころのない不安を抱いていた参加者も……。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
内容が明らかになるにつれ、見る見る表情が変わっていきます。昨年以上のハードなプログラムに、皆さん険しい顔つきに。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
プログラム解説が終わり、解散。想像以上の内容に戸惑いが隠せない様子。それでも、やるしかない!
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
センタースタンドを使わずにフロントタイヤを脱着させることを想定し、実際に自分のバイクを寝かせてシミュレーションする人も。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
バイクを置いた場所から300メートルほど離れた丘の上がスタート地点。そう、ル・マン方式です。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
三橋さんが旗を掲げます。3……2……1……。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
スタート!
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
全員が一斉に自分のバイクへと駆け出します。基礎体力だって重要な査定ポイントなのです。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
自分のバイクにたどり着いたら、エンジンをかけずに手押しでスタート地点まで。これも大変!
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
たどり着いた人からエンジンをかけ、坂を駆け上がっていきます。ヘルメットだって、きちんとアゴひもまで留めること!
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
よいしょおっ! このぐらい、GSならヘでもありません。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
続々と坂を駆け下りてくるGSの群れ。まだ予選は始まったばかり。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
まずはこの特設コースを10周するところから。ここの周回チェックポイントで、指定の用紙に記入してもらい、10周を目指します。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
全員気合い十分! 迫力の駆動でさまざまなGSが駆け抜けていきます。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
要所要所で声をかける仲間が。チームワークで勝ちあがれるか。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
おっと、まだ一周めにもかかわらず、とあるポイントで渋滞が発生。何があったのでしょう。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
それがここ、2メートルほどの急な傾斜を駆け下り、そしてすぐさま駆け上がるというポイント。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
写真で見る以上に急な傾斜で、ほとんど“落ちる”感じなのです。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
うまく着地できないとこのとおり。序盤、4~5台に一台ぐらいの割り合いで転倒していました。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
さらにここから駆け上がるのが難しい。勢いをつけすぎるとバイクが反り上がってしまい、ライダーが放り出されてしまいます。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
転倒・足つきはもちろんOKで、スタッフや仲間にも手助けしてもらえます。やはりここが一番の難所でした。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
転倒者が続出したことから、狭い入り口で渋滞が発生してしまっていたのです。うかつに飛び込めば、倒れている人に突っ込んでしまいますからね。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
一発で駆け上がったライダーには、ギャラリーから大きな歓声が。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
順番など守る必要はありません、誰よりも早く次のプログラムにたどり着くことこそが目的。「(海外での)本大会を戦ううえで、こうしたズル賢さも必要」なのだと三橋さんは語ります。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
駆け上がるルートの脇に、バイク一台が通れる細い溝を抜けるルートも。こちらには駆け上がるのとは違った難しさが潜んでいるのです。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
一台、また一台と10周を走り終えて次のプログラムへと進んでいきます。でも慌てず、着実に走ることが一番大事なのです。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
10周を走り終えたら、指定の場所にバイクを停めて次のプログラムへ。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
ハードなコースを走り終えたばかりの体にムチ打ち、走り出す面々。目指すは、高低差が180メートルもあるという山頂。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
この山頂にとある合言葉が記されており、それを指定の用紙に書き写して戻ってこなければなりません。もはやトライアスロンの域とも言える試練です。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
トップで戻ってきたのは、ゼッケン#98のオガタさん。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
その後を追うように、#23カツタさん、#99モリタさんが帰還。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
指定の用紙に記した合言葉のチェックを終えたら、次なるプログラム「フロントタイヤの脱着」へ向かいます。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
すでに作業を進めている人も。急げ!
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
センタースタンド使用不可という条件付きのため、ほとんどの人がこのようにバイクを寝かせてタイヤを取り外していました。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
外したタイヤを車検ポイントに持ち込んでマーキングしてもらい……。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
そして再び装着して、車検コーナーでチェックしてもらうという流れ。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
決勝ラウンドに進める10枠に入るために、誰もが我先にと作業に取り掛かります。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
ここで一番に抜けた人が。決勝ラウンドへ進出できるか?
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
ここで三橋さんからストップが。なんと、山頂でチェックした合言葉を指定の用紙に書いていなかったため、失格とされてしまったのです。実に無念ですが、ルールはルール。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
その直後、カツタさんがタイヤ装着を追え、車検ポイントへ!
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
ゴール! 決勝ラウンドへの一番乗りをゲット、おめでとうございます!
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
続いてオガタさんもゴール! ちなみにここでの順位によって、決勝ラウンドでのスタートポジションに差が出てくるそうです。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
残り8枠、まだ間に合うぞ! 頑張れ!
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
次々と最終チェックへ向かっていきます。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
無事車検チェックを終え、ゴール! 三橋さんのフラッグを受けると、皆安堵の笑顔とガッツボーズが。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
壮絶な戦いを勝ち抜いた10台のGS。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
10名には、三橋さんから決勝ラウンド参加資格証が手渡されました。
BMW Motorrad GSトロフィー JAPAN 2013の画像
決勝ラウンドに進出する10名が決まりました! はたして代表選手3名に選ばれるのはこのなかの誰なのか、期待に胸が膨らみます!

注目のアイテムはコチラ