VIRGIN BMW | R100RS BMW愛車紹介

R100RS

  • 掲載日/2009年01月01日【BMW愛車紹介】
BMW R100RS 静じいさんの愛車紹介 画像
静じいさん(72歳)
1978年R100RS所有。バイク歴49年の超ベテランライダーで、20代で始めたトライアルを今も楽しむ元気な御仁。メーカーを問わずさまざまなバイクを楽しみ、BMWだけでも16台、現在のR100RSは5台目のR100RSという。
<< 静じいさんのサイト

長く憧れ続けた“赤鼻”
生涯手放さず乗り続けます

「ツインショック、モノサスも含めると、この “赤鼻” は5台目のR100RSになります。初代の1976年式R100RSは当時の僕には乗りこなせず、半年で手放してしまいました。それでも、RSの美しいスタイルへの憧れは捨てきれず、手に入れては手放し、を繰り返していたんです。『もう乗ることがないかな』と思っていたら縁があって、この“赤鼻”が私のところにやってきてくれました」
思い続けたR100RS “赤鼻” を手に入れ、二度と手放したくないという静じいさん。
「僕のバイクライフが続く限り、この赤鼻に乗り続けたいですね。永く乗るためにも、近々整備に出してアチコチを診てもらうつもりです」

OWNER’S VOICE!

他のBMWと迷いませんでしたか?

若い頃に憧れた赤鼻が、どうしても欲しかったので、他と迷うことはありませんでしたね。

購入後の状態はいかがでしょうか?

憧れていただけに最高ですよ。ただ、年式が年式なので、燃費などポツポツと気になるところも見つかってますから、近々整備ですね。

赤鼻で走ってみたい場所は?

志賀高原ですね。お気に入りのバイクを買うと、いつも走りに行く場所なんです。

BMWのここがお気に入り

“赤鼻”にしかない
特徴的なヘッドライト

「一番のお気に入りというと“赤鼻”の名の由来の赤いヘッドライト周りですね。白い車体に鮮やかに浮き上がる赤いカラーリングを見ると、乗るときはこちらも正装しないと行けない気になってきます。赤鼻は私の恋女房のようなものなんです。もし今後バイクに乗れなくなるときがあっても、赤鼻だけは手元に残したい、そのくらい赤鼻には惚れこんでいます」

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報