VIRGIN BMW | R1200GSアドベンチャー BMW愛車紹介

R1200GSアドベンチャー

BMW R1200GSアドベンチャー 杉山 良一さんの愛車紹介 画像
杉山 良一さん(45歳)
R1200GSアドベンチャー(2008年モデル)などを所有。映画に感化され、高校時代に500SSマッハIIIを購入したのをきっかけに、多くのバイクを乗り継ぐ。一時は沈静化していたバイク熱が再燃し、現在も数多くのバイクを所有する。

少々早い乗り換えも
結果的に正解でした

少し早かったのですが、2004年型のR1200GSから今年2月に出たばかりのR1200GSアドベンチャーに乗り換えました。このサイトで紹介されていたコクボモータースの店長に試乗会で出会ったのがきっかけです。納車されてすぐに感じたのが直進安定性の良さ。高速道路でもより疲れにくくなったと感じます。また、走行可能状態で車重が270kgもある割には軽く扱えるし、エンジンはトルクやパワーが1割増という感じ。多少のオーバースピードなら許容してくれるコーナーリング性能も素晴らしい。サーボ付インテグラルABSに救われた経験もあるので、アドベンチャーのブレーキにサーボが搭載されていないことだけが残念ですが、乗り換えは正解だったと感じています。

OWNER’S VOICE!

他のモデルと迷うことは?

HP2メガモトと迷いましたが、目的がツーリングだったのでR1200GSアドベンチャーを選びました。

購入後にイメージと違ったところは?

高価なバイクというイメージがありましたが、価格分の価値はあると思うようになりました。

R1200GSアドベンチャーで走ってみたい場所は?

白馬とか北アルプスですね。思い切りワインディングを楽しんでみたいです。

BMWのここがお気に入り

ハイテク装備と
出来の良い足回り

サイボーグを思わせるデザインや、エンデューロESA/ASCなどのハイテク装備を満載しているところが気に入っています。また、長いストロークを持つテレレバーやパラレバーの存在も大きいですね。オフロードには入りませんが、出来の良い足回りのおかげで乗り心地も素晴らしいと思います。

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報