VIRGIN BMW | R75(1941~44年) BMWマシンの歴史

R75(1941~44年)

  • 掲載日/2008年03月25日【BMWマシンの歴史】
R75の画像

悪条件で真価を発揮した
もっとも有名な軍用バイク

1941年、BMWはもっとも有名な軍用モーターサイクル「R75」を発表しました。戦争映画などにも数多く登場したこのモデルは、当初から軍専用モデルとして開発され、推定18,000台が生産されたと言われています。サイドカーと一体で設計されたR75は兵士3人が乗ることを前提としており、16インチのホイールには悪路走行用のノビータイヤが標準で装着されていました。また、タイヤを交換すれば砂漠を走行することも可能で、それに備えてアップマフラーを装着するとともにエアクリーナーも燃料タンク上に配置。4速トランスミッションは補助変速機付きで、高速・低速の切り替えが出来たほか、2段のリバースギアも装備していました。

機構的にもっとも注目すべき点は、オートバイ側後輪ハブとの連結により、サイドカー側のホイールも駆動していたことで、場合によってはライダーの操作によりディファレンシャルギアのロックも可能です。エンジンは745ccのOHVで、装備重量400キロを超える巨体を時速95キロまで加速することができました。なお、この車重に対応するためBMWとしては初めて油圧ブレーキを採用したモデルとしても知られています。

生産年
1941~44年
生産台数
約18,000台
エンジン形式
空冷OHV2気筒
排気量
745cc
ボア×ストローク
78mm×78mm
最高出力(馬力/rpm)
26/4,000
最高速度
95km/h
変速
補助変速機付き4段変速
全長
2,400mm
全幅
1,730mm
全高
1,000mm
車輌重量
400kg
フロントタイヤ
16インチ
リアタイヤ
16インチ

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報