VIRGIN BMW | R75/5(1969~73年) BMWマシンの歴史

R75/5(1969~73年)

  • 掲載日/2008年08月28日【BMWマシンの歴史】
R75/5の画像

近代BMWの幕開けを飾った
R75/5の登場

1960年代後半は、BMW製バイクがその好調なセールスに反して存亡の危機に瀕していた時代と言えます。戦後の復興とモータリゼーションの進化は、いつの間にかバイクを生活必需品の座から引きずり下ろし、限られた人のための特別な乗り物として社会の片隅に追いやってしまったのです。さらに、低価格と高性能を売り物にした日本製バイクが世界市場を席巻。BMWも経営の主軸を自動車へと移さざるを得なくなっていました。

それと同時に、社内でもバイクからの撤退が議論されましたが、BMWの出した結論は引き続きバイクの生産を続けるというもの。これはすなわち、全く新たなシリーズを開発することを意味し、そこから誕生したのがこのR75/5なのです。新設計のエンジンは、カムシャフトをクランクの上から下に移し、潤滑方式もイートンポンプを使用した高圧の圧送式に進化。大排気量モデルにはビングの負圧式キャブレターが採用され、電装も12ボルト化されました。さらに、当時としては贅沢な装備だったセルモーターも標準装備。フラットツインとシャフトドライブの組み合わせという伝統は守られましたが、R75/5は新世代のフラッグシップとして相応しい進化を遂げていたのです。

生産年
1969~73年
生産台数
38,370台
エンジン形式
空冷OHV2気筒
排気量
745cc
ボア×ストローク
82mm×70.6mm
最高出力(馬力/rpm)
50/6,200
最高速度
175km/h
変速
4段変速
全長
2,100mm
全幅
852mm
全高
1040mm
車輌重量
210kg
フロントタイヤ
19インチ
リアタイヤ
18インチ

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報