VIRGIN BMW | R60/5(1969~73年) BMWマシンの歴史

R60/5(1969~73年)

  • 掲載日/2008年10月07日【BMWマシンの歴史】
R60/5の画像

ボクサーの新スタンダード
R60/5

1968年に同時発表されたR75/5にフラッグシップとしての座を譲り、R60/5はボクサーエンジン搭載モデルの新スタンダードとして登場しました。R69Sの最高出力が42馬力であったのに対して、R60/5のそれは40馬力と僅かに抑え気味であったことからも、先代フラッグシップに対する配慮もうかがえます。

しかしR60/5は、メカニズム的には上位モデルと比較しても遜色ない進化を遂げていました。拡大したクランクケースの中に電装部品を格納し、シリンダーは鋳鉄からアルミへと変更。カムシャフトもクランク上から下に移設され、2分割式のプレーンメタルで支持したクランクシャフトも一体式となり、エンジン周りのメンテナンス性も大幅に向上していました。

また、油温を下げるためにオイルラインも改良されていたほか、BMWとしては初のサイドカー装着を想定しない車体設計や、12ボルト化された電装、セルモーターの標準装備など、基本設計や装備品に関しては前代未聞といえるほど進歩的な考え方を取り入れていたのです。R60/5は新時代のスタンダードとして相応しい実力を備えていたモデルだと言えるでしょう。

生産年
1969~73年
生産台数
22,721台
エンジン形式
空冷OHV2気筒
排気量
599cc
ボア×ストローク
73.5mm×70.6mm
最高出力(馬力/rpm)
40/6,400
最高速度
167km/h
変速
4段変速
全長
2,100mm
全幅
850mm
全高
1040mm
車輌重量
210kg
フロントタイヤ
19インチ
リアタイヤ
18インチ

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報