VIRGIN BMW | R90S(1973~76年) BMWマシンの歴史

R90S(1973~76年)

  • 掲載日/2008年10月07日【BMWマシンの歴史】
R90Sの画像

ビキニカウルを装着した
アウトバーン最速モデル

「アウトバーン最速」の称号を欲しいままにしたR90Sは、ボクサー史上初の900ccという排気量が与えられたモデルで、その位置づけは/5シリーズの進化型である/6シリーズのフラッグシップというものでした。そのため、R90Sはデロルト製キャブレターなどの特別な装備で武装しており、エンジンは7,000回転で67馬力を発揮。また、このパワーに見合った制動力を得るため、フロントにはドラムブレーキに代わって近代的なダブルディスクブレーキを装備するなど、フラッグシップとしてふさわしいポテンシャルが与えられていました。

そして、このR90Sを語る上で忘れてはならないのがビキニカウルの存在です。小振りでスタイリッシュなこの装備は、極めて実用的でありながら全体のフォルムをスポーティーに演出。かつての「ボクサー=黒」といったイメージを一変させたグラデーションのカラーリングとあいまって、瞬く間に世界中のライダーを虜にしたのです。このように、いくつかの際立った特長を兼ね備えたR90Sは、単に一時代のフラッグシップモデルにとどまらず、BMWを代表する名車の1台として今でも多くのファンから支持されているのです。

生産年
1973~76年
生産台数
17,465台
エンジン形式
空冷OHV2気筒
排気量
898cc
ボア×ストローク
90.0mm×70.6mm
最高出力(馬力/rpm)
67/7,000
最高速度
200km/h
変速
5段変速
全長
2,180mm
全幅
740mm
全高
1210mm
車輌重量
215kg
フロントタイヤ
20インチ
リアタイヤ
19インチ

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報