VIRGIN BMW | R75/7(1976~77年) BMWマシンの歴史

R75/7(1976~77年)

  • 掲載日/2008年10月07日【BMWマシンの歴史】
R75/7の画像

/6シリーズの美点を受け継ぐ
好バランスモデルR75/7

R90Sをそのフラッグシップとして構成された/6シリーズはデビューと同時に世界中で高い評価を受けた。しかし。BMWのチャレンジは休むことなく続けられ、わずか3年後には/7シリーズへと進化。長年ファンが熱望してきた5速のギアボックスは/6シリーズで実現し、標準装備となっていたフロントディスクブレーキも、やはり/6シリーズの後期型から雨天時の制動力をより確実なものとする穴あきタイプとなった。こうした進化を全て受け継ぎ、より完成度を高めてデビューしたのが/7シリーズである。

R75/7は、その中でも最もバランスに優れた1台として高い評価を得たモデルだ。82.0mmのボアと70.6mmのストロークを持つ水平対向OHVエンジンは、6200回転で50馬力の最高出力を発揮。最高速度は時速177kmで、当時の交通をリードするに十分な動力能力を持っていた。また、OHVエンジンの末期まで採用されたヘッドカバーのデザインが初採用されたのもこのモデルからである。しかし、大排気量化の波はとどまるところを知らず、R75/7もやがてR80/7へと移行する運命にあった。

生産年
1976~77年
生産台数
6,264台
エンジン形式
空冷OHV2気筒
排気量
745cc
ボア×ストローク
82.0mm×70.6mm
最高出力(馬力/rpm)
50/6,200
最高速度
177km/h
変速
5段変速
全長
2,130mm
全幅
746mm
全高
1080mm
車輌重量
215kg
フロントタイヤ
19インチ
リアタイヤ
18インチ

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報