VIRGIN BMW | R100S(1976~78年) BMWマシンの歴史

R100S(1976~78年)

  • 掲載日/2008年12月15日【BMWマシンの歴史】
R100Sの画像

“S”の称号を引き継ぐ
R90Sの後継機R100S

世界中のライダーを熱狂させた、R90Sの登場から3年後となる1976年、衝撃的デビューを飾ったR90Sの後継モデルとして、BMWはR100Sを市場へ投入した。世界中のバイクメーカーがこぞって模倣した、あのスタイリッシュなビキニカウルはもちろん継承されている。しかしそれは、BMWにとってはすでに過去の伝統のひとつとなっていた。70年代に登場するBMWモデル群は、確かに性急な足取りであったが、それを冷静に見据え、危惧していたのは他ならぬBMWであった。

事実、R100SはR90Sの後継機でありながら、すでにフラッグシップモデルではなくなっていた。そして/7シリーズへの移行と時を同じくして登場するフラッグシップモデル、R100RSに対して、既存のBMWファンに応えるためのモデルとして誕生させ、“S”の称号を継続させたのがR100Sなのだ。ちなみにR90Sゆずりの外観を持つR100Sは、82ccの排気量拡大にもかかわらず、最高出力は2psアップに抑えられていた。

生産年
1976~78年
生産台数
11,762台
エンジン形式
空冷OHV2気筒
排気量
980cc
ボア×ストローク
94.0mm×70.6mm
最高出力(馬力/rpm)
65/6,600
最高速度
200km/h以上
変速
5段変速
全長
2,130mm
全幅
746mm
全高
1210mm
車輌重量
220kg
フロントタイヤ
19インチ
リアタイヤ
18インチ

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報