VIRGIN BMW | R100RT(1978~84年) BMWマシンの歴史

R100RT(1978~84年)

  • 掲載日/2008年12月30日【BMWマシンの歴史】
R100RTの画像

さらなる居住性を求めた
グラン・ツーリスモ

R100RSの登場によって、BMWモトラッドのイメージは、もはや安全な高速クルージングとは切り離せないものとなっていた。高い耐久性と、可能な限り長い距離を快適に移動すること。それがユーザーから求められたニーズであり、メーカーとしても見過ごせないキーワードとなっていた。R100RSに採用されたフェアリングは、ライダーを風雨から守り、走行時における快適性がズバ抜けて優れていたことは言うまでもない。しかしイメージとして、R100RSはあまりにもハイスピードという印象が強かったのだ。

ユーザーニーズはスピードから快適性へと移り、あらゆる自然状況においてもより速く、安全かつ快適に移動できる手段をBMWに求めていた。そしてその答えとして、BMWはR100RTを登場させた。R100RSよりも傾斜のゆるいスクリーン、エアロダイナミズムよりもウィンドプロテクション効果を高めたフェアリングなど、スピードよりも快適性を追求した装備で当時のユーザーニーズに応えたのだ。この装備によって、車重はR100RSよりも4kg増えたが、それに見合うサスペンションが与えられ、BMW本来の走行性能は保たれている。

生産年
1978~84年
生産台数
18,015台
エンジン形式
空冷OHV2気筒
排気量
980cc
ボア×ストローク
94.0mm×70.6mm
最高出力(馬力/rpm)
70/7,250
最高速度
190km/h
変速
5段変速
全長
2,210mm
全幅
746mm
全高
1465mm
車輌重量
234kg
フロントタイヤ
19インチ
リアタイヤ
18インチ

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報