VIRGIN BMW | R100(1980~84年) BMWマシンの歴史

R100(1980~84年)

  • 掲載日/2009年03月10日【BMWマシンの歴史】
R100の画像

カウルレスのモデルもつねにラインナップ
ベーシックなスタイルのR100

BMWはR100SやR100RTといった、モーターサイクル用のエアロダイナミズムやウィンドプロテクションを他に先駆けて開発し、市販車に初めて採用したメーカーだ。これまでにないモーターサイクルの開発で、世界中のライダーに驚きと感動を与えた一方、これまでどおりカウルを持たないモデルもつねに用意していた。1976~78年のR100/7、1978~80年のR100T、そしてこのR100(1980~84年)がそれだ。

R100はR100Tの点火システムの変更とサスペンションのセッティングを若干変更した以外、ほとんど共通の仕様となっており、特別優れた機能を装備しているわけではない。しかし後のBMWモデルラインナップに継承される基本に立ち返ったシンプルなモデルとして、前述のカウルを持たないモデル同様、現在でもR100のファンは多い。いまとなってはカウルレスボディのBMWの方が珍しく感じてしまうところだが、このフォルムは普遍のものと言って良いだろう。

生産年
1980~84年
生産台数
10,111台
エンジン形式
空冷OHV2気筒
排気量
980cc
ボア×ストローク
94.0mm×70.6mm
最高出力(馬力/rpm)
67/7,000
最高速度
195km/h
変速
5段変速
全長
2,210mm
全幅
746mm
全高
1210mm
車輌重量
218kg
フロントタイヤ
19インチ
リアタイヤ
18インチ

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報