VIRGIN BMW | R80G/S(1980~87年) BMWマシンの歴史

R80G/S(1980~87年)

  • 掲載日/2009年04月17日【BMWマシンの歴史】
R80G/Sの画像

BMWモトラッドは新たなフィールドへ
現行まで続くGSシリーズの祖

歴代BMWモトラッドのなかで、現在でもR100RSとならんで非常に高い人気を誇るヒストリック・モデル。スペック数値からは特筆すべき高性能なところは見当たらないものの、アップライトなポジションとほど良い操作感、ゆったりと回るエンジンキャラクターはライダーを急かさず、必要十分な装備にとどめたシンプルなルックスなど、時代の流れに左右されない、多くのライダーを惹きつける魅力を秘めている。

R80G/Sは、当時のBMWモトラッド・モデルラインナップ拡充のための、単なるバリエーションモデルではないことは、その姿からも明白だ。「G/S」というペットネームは“ゲレンデ・シュポルト”の略、すなわち“山野を駆け巡るスポーツモデル”を意味し、走る場所を選ばない、真のデュアルパーパス・マシンであることを表している。事実、もっとも過酷なエンデューロ・レースと言われるパリ・ダカールラリーでの実績を踏まえており、現行モデルに至るまで途絶えることなく、脈々と続くGSシリーズの源流となったモデルなのだ。

生産年
1980~87年
生産台数
21,864台
エンジン形式
空冷OHV2気筒
排気量
797.5cc
ボア×ストローク
84.8mm×70.6mm
最高出力(馬力/rpm)
50/6,500
最高速度
168km/h
変速
5段変速
全長
2,230mm
全幅
820mm
全高
1150mm
車輌重量
167kg
フロントタイヤ
21インチ
リアタイヤ
18インチ

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報