VIRGIN BMW | R100CS(1980~84年) BMWマシンの歴史

R100CS(1980~84年)

  • 掲載日/2009年06月18日【BMWマシンの歴史】
R100CSの画像

R100RSと同等のパワーを与えられた
往年のBMWを思わせるモダン・マシン

R100CSにはR90S(1973)で世界に大きな影響を与えたビキニカウルが装着され、R100S(1976)よりも5 ps高いR100RS(1976)同等の最高出力が与えられている。このモデルが登場した1980年は、BMWが打ち出すものはすべて出尽くしていた感があったが、複雑に絡み合いながら多様化していくマーケットに対し、メーカーとしての模索は休むことなく続けられていた。

当時は低価格と高出力を売り物にした日本車が台頭し、ユーザー自身もバイクに求める姿を見失っていた時代であった。それはメーカーにとっても極めて困難な状況ではあったが、そうした風潮の中でもBMWは信念を曲げることなく、往年のBMWを彷彿させるスタイリングに、高い出力特性を載せて世に送り出した。生産台数は4,038台と決して多くはないが、かつてのBMWの代名詞的存在であるR100RSに近い存在として、現在でもR100CSの魅力に惹かれるライダーは少なくない。

生産年
1980~84年
生産台数
4,038台
エンジン形式
空冷OHV水平対向2気筒
排気量
980 cc
ボア×ストローク
94 × 70.6mm
最高出力(馬力/rpm)
70/7,250
最高速度
200 km/h
変速
5段変速
全長
2,210 mm
全幅
746 mm
全高
1210 mm
車輌重量
220 kg
フロントタイヤ
19インチ
リアタイヤ
18インチ

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報