VIRGIN BMW | R80ST(1982~84年) BMWマシンの歴史

R80ST(1982~84年)

  • 掲載日/2009年06月19日【BMWマシンの歴史】
R80STの画像

R80G/S のストリートバージョン
GSスペックを有する扱いやすいモデル

1980年に登場した、BMWモトラッドの新カテゴリとなるGSの祖「R80G/S」。そのオフロードモデルをストリート向けにアレンジし直したのが「R80ST」だ。基本的な車体構成は変わらず、フロントホイールサイズを21インチから19インチへとスケールダウンし、オンロードタイヤを装着。それにともないフロントフェンダーもダウンタイプとなっている。ヘッドライトやメーター類が一体となっていたフロントマスクは別体式の、いわゆる一般的なネイキッドスタイルに。ハンドル幅を狭くし、サイドパネルのデザインにも変更が見られる。スポークホイールやモノレバーサスペンションなどは踏襲しつつ、G/Sよりも車高が低くなり、スクランブラー的なスタイルを持つオンロードモデルとなった。

いわゆるG/Sのバリエーションモデルだが、エンジン特性に違いは見られず、「ゲレンデ・シュポルト」と同様のスペックを持ちながら車格がスケールダウンされ、非常に扱いやすいモデルとなっている。BMWモトラッド史上、ベンチマーク的な存在であるG/Sのストリート版として、人気モデルとなっても良い存在だが、やはり“廉価版だから”というイメージがあったからか人気商品には至らず、生産期間や販売台数も控えめ。しかし発売から20年以上の時を経て、G/Sの希少価値が上がる影で、R80STも隠れた名車のひとつとして数えられている。

生産年
1982~84年
生産台数
5,963台
エンジン形式
空冷OHV水平対向2気筒
排気量
797.5 cc
ボア×ストローク
84.8 × 70.6mm
最高出力(馬力/rpm)
50/6,500
最高速度
174 km/h
変速
5段変速
全長
2,180 mm
全幅
790 mm
全高
1150 mm
車輌重量
198 kg
フロントタイヤ
19インチ
リアタイヤ
18インチ

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報