VIRGIN BMW | K75C(1985~90年) BMWマシンの歴史

K75C(1985~90年)

  • 掲載日/2009年10月04日【BMWマシンの歴史】
K75Cの画像

BMW史上唯一の3気筒エンジン「K75シリーズ」
軽快なハンドリングが魅力のK 75 C登場

市場に投下された順番と車輌の完成形からして、K75シリーズは、ただK100エンジンの4気筒から1気筒減らしただけという安直な見られ方をされがちだ。簡単な表現方法としては決して間違いではないが、だからと言って、そんなエンジン開発が簡単に出来るわけがない。実際には、K100とK75のエンジン開発は同時期に行われ、K100シリーズをリリースした時点で、すでにK75シリーズはほぼ完成していたのだ。

エンジンはまさしくK100の3/4スケール。ボアとストロークの変更は無く「1気筒減らす(もしくは足す)」という大胆不敵な発想と、そこに時間とコストを費やすメーカーの思い切り、それをやってのける技術力の高さなど、世界に名立たるモーターサイクル・メーカーとしてじつに見事なもの。また、同時開発によって最初から共通部品を意識するなど、コスト面でも非常に理に適ったものづくりを行っている。K75エンジンはK100エンジンと比較して、1気筒減らすことでマスの中心が15kg減となり、K75シリーズ最大の特徴である、軽快でコントローラブルなハンドリングを実現させていることから「先にK100ありき」ではなく、むしろ「K75を想定した4気筒エンジン」とさえ思えてくる。

K75シリーズのトップバッターとして登場したK 75 Cは、まさにK75シリーズの美点を最大限に引き出した究極の3気筒モデル(そもそも3気筒エンジンは後にも先にもこのK75シリーズだけだろう)。ハンドルマウントされたビキニカウルは外観からも軽快さをアピールしており、タイヤサイズは前後ともに18インチを装着。このサイズのペアリングはK100・K75シリーズ中、唯一であり、リアホイールを大きく、細いタイヤを設定することで、軽快さを強めるジオメトリーとなっている。加えてハンドルバーの高さ、幅ともに前傾を強いられることはなく、わりとアップライトな姿勢となり、総合的にシティユースでは非常に軽快なハンドリングと足回りを実感出来る。

生産年
1985~90年
生産台数
9,566台
エンジン形式
水冷DOHC水平直列3気筒
排気量
740 cc
ボア×ストローク
67 × 70mm
最高出力(馬力/rpm)
75/8,500
最高速度
200 km/h
変速
5段変速
全長
2,220 mm
全幅
900 mm
全高
1300 mm
車輌重量
227 kg
フロントタイヤ
18インチ
リアタイヤ
18インチ

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報