VIRGIN BMW | K75S(1985~95年) BMWマシンの歴史

K75S(1985~95年)

  • 掲載日/2009年10月23日【BMWマシンの歴史】
K75Sの画像

「K75シリーズ」の最速モデル
高速巡航性能を高めたK75S

生産時期はK75Cと同様ながら、1年ずらして市場投入されたK75S。シティユースに特化したK75Cに対し、K75Sは高速巡航性能が飛躍的に高められたモデルで、フレームマウントされたスポーティなハーフカウル、幅が狭められたハンドルバー、K100シリーズ同様17インチのリアホイール、それに組み合わされたディスクブレーキなど、生粋のスポーツマシンへと仕上がっている。

しかしそれ以外の変更はほとんど見られず、最高出力や最大トルクを変えるような特別なセッティングもなされていない。逆を言えば、たったそれだけの仕様変更でハイスピード・マシンに変身してしまうところにK75シリーズのポテンシャルの高さを垣間見ることが出来る。K75Sの生産年数は10年と長く、日本へも比較的多く輸入され、K75シリーズ中もっともよく目にするモデルだろう。

後にアンダーカウルを装着し、エンジンとホイールがブラックアウトされ、フロントフォークのダンピングフォースを強めにセッティングされた、K75Sよりも更にスポーティなK75SSがラインナップに追加された。

生産年
1985~95年
生産台数
18,649台
エンジン形式
水冷DOHC水平直列3気筒
排気量
740 cc
ボア×ストローク
67 × 70mm
最高出力(馬力/rpm)
75/8,500
最高速度
210 km/h
変速
5段変速
全長
2,220 mm
全幅
900 mm
全高
1340 mm
車輌重量
229 kg
フロントタイヤ
18インチ
リアタイヤ
17インチ

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報