VIRGIN BMW | 燃料タンクの取り外し R1100/1150GS基礎メンテ

燃料タンクの取り外し

  • 掲載日/2011年05月15日【R1100/1150GS基礎メンテ】
  • このコンテンツは BMW BIKES Vol.51 掲載の記事を再編集したものです。
    文・写真/ BMW BIKES  構成 / VIRGIN BMW.com

R1100/1150GS 基礎メンテ【燃料タンクの取り外し】編

R1100/1150GS基礎メンテの画像

タンク内の燃料を抜く

フューエルタンクを外す工程。重要部品がタンクに覆われているGSの場合、よくある作業である。燃料が多めに入っているのならポンプ等で抜いておく。完全に抜くことはできないが、可能なかぎりガソリンが少ない状態が理想。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

タンク脱着時の注意点

コネクターやホース類はすべて右側に集中している。差し込み式の黒いカバーを外せば、1本の取り付けボルトが見える。ここには左右からブッシュが入っているが、タンク脱着時に外れて紛失しやすいので要注意。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

フューエルホースの点検

年月の経ったホースは、このように断面がひび割れてくる。バンドでしっかりと締め付けられているが、バンドは緩まなくてもゴムの弾力がなくなり、結果的に締結力が落ちている場合がある。燃料漏れの原因。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

ホースの取り外し

1100系はパイプに差し込んでバンドで止めてある。バンドを充分に緩め、引き抜くのではなく押し抜く。無理をしてパイプを曲げたり折らないように注意する。簡単には抜けないが、簡単に抜けるようでは困る。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

燃料漏れ防止策

抜きにくいうえに抜けたホースからガソリンが流出するので、なにか詰め物(適当なボルト等)をするかすぐにタイラップで縛る。あとは、配線コネクター、2本のブリーザーホース、ボルトを抜けばタンクを外すことができる。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

専用工具はやっぱり便利

これは、私が使っている専用ツール。自動車工具専門店で購入。前述のタイラップにしろ、あまり長時間付けたままだと、ホースにクセがつくので注意したい。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

後期型のクイックカプラー

1150系後期からは、工具不要のクイックカプラーが採用されて便利になった。ロックボタンを押すと、外れると同時に内部のバルブが閉じるので、ガソリンの流失は最小限である。この部品は採用以前のモデルにも取り付け可能。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

タンク内の部品を取り外す

フューエルタンクの裏側。このユニットにポンプやフィルター類が集約されている。外す前にユニットとタンクの位置関係を記録するか、合いマークを付けておく。6本のボルトが均等に配置されているので、取り付け時に間違えやすい。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

ホース類の点検

ユニット側から見てもホースが疲弊していることがわかる。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

ユニットの取り外し

この隙間からタンク内に伸びているブリーザーホースを外す必要がある。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

ブリーザーホースの取り外し

ホースバンドを外すツールを用意する。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

専用ツールを使う

このような引っ掛け式バンドを採用している。専用ツールなしで外すことは一応可能。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

取り出したタンクユニット

脱着時にフューエルゲージのステーを曲げないように注意する。無理をして曲げてしまうと燃料計の表示が動かなくなることがある。

注目のアイテムはコチラ