VIRGIN BMW | トランスミッションオイルの交換 R1100/1150GS基礎メンテ

トランスミッションオイルの交換

  • 掲載日/2011年06月12日【R1100/1150GS基礎メンテ】
  • このコンテンツは BMW BIKES Vol.51 掲載の記事を再編集したものです。
    文・写真/ BMW BIKES  構成 / VIRGIN BMW.com

R1100/1150GS 基礎メンテ【トランスミッションオイルの交換】編

R1100/1150GS基礎メンテの画像

1100系トランスミッション

ギヤ段数は5速のトランスミッションを搭載している。オイルドレインプラグは車体右側にある。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

ミッションオイルのドレインプラグ

初期は6mmのヘキサゴンだったが、のちに13mmの六角となった。本来はガスケットの設定は無いが、私は独自の判断でアルミガスケットを入れている。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

1150系トランスミッション

1150系からは中身も外側も一新されている。ギヤ段数は6速となっている。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

フィラープラグを外す

ドレインプラグを外す前に、フィラープラグを先に外しておく。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

ミッションオイル交換の目安

ドレインプラグからミッションオイルを排出する。エンジンのように内部で燃焼が発生しないので、黒く汚れることはあまりない。なお、ミッション真下が高熱の一次サイレンサーであり、夏季は油音が上昇しやすい。2年または10,000kmまでの交換が目安。締め付けトルクはフィラー、ドレインプラグともに、1100系が23Nm。1150系が30Nm。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

新しいオイルを入れる

ガスケットを交換しオイルの注入。規格はSAE90番APIGL5相当で、容量は0.8L。フィラープラグの注入口ギリギリの位置まで入れる。

注目のアイテムはコチラ