VIRGIN BMW | GT1を使ったブレーキ点検 R1100/1150GS基礎メンテ

GT1を使ったブレーキ点検

  • 掲載日/2011年12月15日【R1100/1150GS基礎メンテ】
  • このコンテンツは BMW BIKES Vol.51 掲載の記事を再編集したものです。
    文・写真/ BMW BIKES  構成 / VIRGIN BMW.com

R1100/1150GS 基礎メンテ【GT1を使ったブレーキ点検】編

R1100/1150GS基礎メンテの画像

専用テスターに接続する

点検の結果、車体に何か異常があれば表示される。これはブレーキパッドの磨耗が限界に達したバイクのエラー表示。パッドの磨耗で相対的にブレーキフルードレベルが下がったことを記憶している。しかしテスターは必ずしも万能ではなく、診断結果からトラブル原因を推理させられることも多い。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

GT1による点検作業

内部圧力テスト画面。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

ブレーキラインの油圧点検・その1

これはブレーキフルード交換後のエア抜きテスト中画面。ブレーキレバーを思いっきり握ると圧力グラフが上がっていく。テスターが電気的に油圧を測定しているのだ。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

ブレーキラインの油圧点検・その2

規定値まで上がったので「良」判定。フルード内にエアが残留していると、握力に応じた油圧に達しないので、「エア抜き不十分」と判定される。
R1100/1150GS基礎メンテの画像

点検終了

最後にセンサー類のテストをする。

注目のアイテムはコチラ

LINEで見る&読むBikeBros.最新モデル紹介から、バイクイベントやツーリングでのお役立ち情報
さらに、通販サイトのお得なキャンペーンまで配信中です。