VIRGIN BMW | F650GSダカール(2000-) 年式別モデルカタログ

F650GSダカール(2000-)

  • 掲載日/2009年11月06日【年式別モデルカタログ】
  • ※表記はメーカー発表の年です  
F650GSダカール(2000-)のモデルカタログ写真

F650GS Dakar(2000-)

パリ・ダカール・ラリーのイメージを継承する
本格ビッグ・オフ・シングル

F650GS(Single)の登場から4ヶ月後の2000年8月に販売開始となったF650GSダカール。BMW Motorradモデルラインナップの位置づけとしてはF650GS(Single)の仕様変更によって、オフロードでの走行性能に特化し、アップグレードした派生モデルと言える。エンジンやフレーム、シート下に配置された低重心を図った燃料タンクなどはそのままに、前後サスペンション・ストロークの延長とフロントホイールの21インチ化、高く角度のついたウィンドシールド、それに専用の外装など、大きな変更は無いものの、オフロードでの走破性は格段にアップ。BMW独自のサスペンション機構は持たせず、一般的なテレスコピック・フォークにチェーン駆動を採用。生産期間は短く、市場に流通する台数もそれほど多くはないが、外装、ABS、電装、点火系など細かい仕様変更により、初期型・中期型・後期型に分けられる。丈夫で使い勝手に優れ、またF650GS(Single)共通のアクセサリーパーツも豊富で、ツーリング、オフロード、そして市街地と、走るフィールドを選ばないビッグ・シングル・マシンとして、このカテゴリでは他メーカーに類を見ない存在となっている。後期型ではパリ・ダカール・ラリーのワークスマシンを継承するグラフィックに(写真は2004年型)。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
発売時価格(税抜き)
98万円(CAT標準装備)104万5000円(ABS+CAT装備車)
生産期間
2000~2008年
エンジン形式
4ストローク前傾単気筒
バルブ
1気筒4バルブ
総排気量
652cc
ボア×ストローク
100×83mm
最高出力
50ps / 6,500rpm
最大トルク
60Nm / 4,800rpm
圧縮比
11.5 : 1
冷却方式
水冷
バルブ駆動
DOHCチェーン駆動
燃料供給 / エンジン制御方式
電子制御式インジェクションシステム / BMS-C
クラッチ
湿式多版
ミッション
常時噛合5速
ギアレシオ
2.75 / 1.75 / 1.31 / 1.05 / 0.88
ファイナルレシオ
2.81 : 1
点火方式
BMS-C
オルタネータ
400W
バッテリー
12V-12Ah
全長×全幅×全高
2,189×910(ミラー含む)×1,410mm(ミラー除く)
ホイールベース
1,489mm(空車時)
シート高
870mm(空車時)
燃料タンク容量
17.3L(リザーブ容量4.5L含む)
車両重量
197kg(装備重量)
最高速度
170km/h以上
燃費(90km/h走行時)
31.3km/L
燃費(120km/h走行時)
23.3km/L
燃料
無鉛レギュラーガソリン
フレーム
ブリッジタイプ、チューブ状スチール
フロントサスペンション
テレスコピックフォークスタビライザー装備
フロントホイールトラベル
210mm
リアサスペンション
デルタボックス・スイングアームセントラルスプリングストラット
リアホイールトラベル
210mm
駆動方式
Oリングチェーン
フロントブレーキ
油圧式シングルディスク2ピストン・フローティングキャリパ
リアブレーキ
油圧式シングルディスクシングルピストン・フローティングキャリパ
ブレーキパッド
NA
ホイール
スポークホイール
フロントホイール
1.60-21
リアホイール
3.00-17
タイヤ
チューブタイプ
フロントタイヤ
90/90 S21
リアタイヤ
130/80 S17

650シングル

1993年にロータックス社との共同開発によって誕生した初代F650シングル・エンジンの流れを汲み、リニューアルされた水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ652ccエンジン。ボア×ストロークに変更は無いものの、デュアルスパーク(ツインプラグ)はシングル化され、インジェクションを装備。シリンダヘッドはBMWが新開発したものに変更し、圧縮比が大幅に上げられ、最高出力は初代に比べて2psアップの50ps / 6,500rpmとなり、最大トルクは60Nm / 5,000rpmに。冷却系やクラッチ系なども見直され、ほぼ新設計に近いエンジンとなった。エンジンマネージメントは、従来のモトロニックからBMWが独自開発したBMSというコントロールユニットを新たに装備し、格段にコンパクト化された。さらに点火と同時にアイドリングも自動制御され、チョークレバーも不要となった。2004年のマイナーチェンジでは再びツインスパークに。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報