VIRGIN BMW | G650GSセルタオ(2012-) 年式別モデルカタログ

G650GSセルタオ(2012-)

  • 掲載日/2012年04月01日【年式別モデルカタログ】
  • ※表記はメーカー発表の年です  
G650GSセルタオ(2012-)

G650GS SERTAO(2012-)

日本の未舗装路で
最も扱いやすいGS

オフロード走行を楽しみたい。しかしボクサーGSやパラレルツインGSではサイズや重量が心配。そんなライダーには、迷わずこのG650GSセルタオを選ぶことを薦める。

パワー、剛性、重量、サイズを高次元にバランスさせたG650GSをベースに、険しい道のりを思うがままに走破するため、21インチ大径スポークホイールの採用やトラベル量を延長させたサスペンションなどを採用。オフロード未経験のビギナーから、これまでもダートツーリングを楽しんでいたライダーまで満足させる1台となった。初代シングルGSのコンセプトであったファンデューロ (ファン+エンデューロの意) を現代に伝えるモデルなのだ。

ハイウインドスクリーン、ナックルガード、ABSやグリップヒーターを標準装備しており、走り出したとたんに、冒険に出ることができるパッケージングとなっている。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
エンジン形式
4ストローク単気筒
バルブ
1気筒あたり4バルブ
排気量
652cc
ボア×ストローク
100×83mm
最高出力
35kW(48ps)/6,500rpm
最大トルク
60Nm/5,000rpm
圧縮比
11.5:1
冷却方式
水冷
バルブ駆動
DOHCカムチェーン駆動
点火/噴射制御
電子制御エンジンマネージメントシステム(BMS-KP)、電子制御式インテークパイプインジェクション/BMWエンジンマネージメント、ツインスパークインジェクション、燃料カットオフ機能付き
クラッチ
機械式湿式多板
ミッション
クランクケース一体型常時噛み合い式5速
ギアレシオ(変速比)
2.750/1.750/1.313/1.045/0.875
オルタネータ
400W
バッテリー
12V/12Ah、メンテナンスフリー型
全長×全幅×全高
2,180×930(ミラー含む)×1,430mm(ミラー除く)
ホイールベース
1,490mm
シート高(空車時)
860mm、ハイシート:900mm(オプションアクセサリー)
燃料タンク容量
14リットル(リザーブ容量約4.0リットル)
車両重量(走行可能状態)
196kg
最高速度
170km/h以上
燃費(90km/h定速走行時)
31.2km/L
燃費(120km/h定速走行時)
23.2km/L
燃料
レギュラーガソリン、最低オクタン価91(RON)
フレーム
スチールプロファイル製ブリッジパイプフレーム、リアフレームにボルト留め
フロントサスペンション
テレスコピックフォーク、フォーク径41mm
フロントホイールトラベル
210mm
リアサスペンション
レバーシステム操作式セントラルスプリングストラット、油圧式スプリングプリロードはハンドホイールを介して調整可能(無段階調整)、リバウンドダンピング調整可能
リアホイールトラベル
210mm
駆動方式
ショックダンピング付エンドレスOリングチェーン
フロントブレーキ
フローティングシングルディスク、直径300mm、2ピストンフローティングキャリパー
リアブレーキ
シングルディスク、直径240mm、1ピストンフローティングキャリパー
ホイール
ワイヤースポークホイール
ホイールサイズ(フロント)
1.60×21”
ホイールサイズ(リア)
3.00×17”
タイヤ
チューブ
タイヤサイズ(フロント)
90/90R21 54S
タイヤサイズ(リア)
130/80R17 65S

カラーバリエーション

G650GSセルタオ(2012-)のモデルカタログ写真
G650GSセルタオ(2012-)オーラ・ホワイト/アロイ・ブルー 103万8000円(発売当時価格)

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報