VIRGIN BMW | G650Xモト(2006-) 年式別モデルカタログ

G650Xモト(2006-)

  • 掲載日/2010年01月29日【年式別モデルカタログ】
  • ※表記はメーカー発表の年です  
G650Xモト(2006-)

G650Xmoto(2006-)

個性的なルックスでワインディングを攻める
コーナリング・マシン

2006年に登場したG650シリーズは、当時のBMW Motorradモデル・ラインナップの中でF650GSに並ぶ最小排気量の652cc単気筒エンジンを搭載し、「Xchallenge」「Xcountry」「Xmoto」の3モデルからなる軽量スポーツ・マシンとして、大排気量スポーツ・ツアラーの対極にあるセグメントを補完。エンジンはF 650シングルをベースにリファインしたものだが、それを継承するものではなく新たなシリーズとしてアピール。エンジン、フレームは3モデル共通としながら、異なるサスペンション、ブレーキ、ホイールによって固有のキャラクターと走行特性が与えられている。G650Xmoto(クロス・モト)は、フロント・マスクが個性的なモタード・スタイルで、前後17インチのアルミ製キャストホイールにハイグリップ・タイヤを装着し、機動力に優れた特性となっている。ポジションはモタードそのもので、幅広ハンドルにフラットで硬いシートは積極的なマシン操作に適したもの。3モデルともブレーキ・キャリパにはブレンボ社製を採用しているが、クロス・モトのみフローティング・ディスクに対向4ピストン・キャリパが組み合わされ、もっとも強烈なストッピング・パワーと優れた操作性を発揮する。ストリートでもクローズドでも、アスファルトやフラットダートの上をアクティブに走るキャラクターは、じつはセカンド・バイクとして現実的な位置付けにある。また専用アクセサリーとして、転倒時にスイングアームやフロント・フォークのダメージを最小限に抑えるクラッシュ・パッドもラインナップ。Hi Lineには工場オプションでオン/オフ・スイッチ付きBMW Motorrad ABSを装着する。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
発売時価格(税抜き)
115万5,000円 (Active Line)126万円 (Hi Line)
生産期間
2006~2009年
エンジン形式
4ストローク単気筒
バルブ
1気筒4バルブ
総排気量
652cc
ボア×ストローク
100×83mm
最高出力
53ps / 7,000rpm
最大トルク
60Nm / 5,250rpm
圧縮比
11.5 : 1
冷却方式
水冷
バルブ駆動
DOHCカムチェーン駆動
気化器
電子制御式インテークパイプインジェクション(BMS-CⅡ)
クラッチ
機械式・湿式多板
ミッション
5速
ギアレシオ
5.349 / 3.404 / 2.552 / 2.033 / 1.702
ファイナルレシオ
2.937 : 1
点火方式
BMS-C II
オルタネータ
280W
バッテリー
12V-10Ah(MF)
全長×全幅×全高
2,155×907×1,190mm
ホイールベース
1,500mm(空車時)
シート高
920mm(空車時)
燃料タンク容量
約9.5L(リザーブ容量約2L)
車両重量
159kg(満タン、走行可能状態)
最高速度
約170km/h
燃費(90km/h定速走行時)
28.6km/L
燃費(120km/h定速走行時)
20.0km/L
燃料
無鉛プレミアムガソリン
フレーム
アルミ製ブリッジタイプボルト留めキャスト・アルミ製サイド・セクションボルト留めアルミ製リア・フレーム
フロントサスペンション
倒立式テレスコピック・フォーク(45mm径)
フロントホイールトラベル
270mm
リアサスペンション
アルミキャストダブルスイングアーム
リアホイールトラベル
215mm
駆動方式
チェーン
フロントブレーキ
フローティング・シングルディスク(320mm径)4ピストン・キャリパ
リアブレーキ
シングルディスク(240mm径)シングルピストン・フローティングキャリパ
ブレーキパッド
焼付メタルパッド
ホイール
アルミキャストホイール
フロントホイール
3.50-17
リアホイール
4.50-17
タイヤ
チューブレス
フロントタイヤ
120/70 H17
リアタイヤ
160/60 H17

G650シングル

2006年に登場したG650シリーズ専用の水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒652ccエンジン。F650(シングル)エンジンをリファインしたもので、タイミングチェーン式バルブ駆動システムやDOHC方式、カップタペット、アルミ製ラジエターの冷却システムなどはF650エンジンを継承しつつ、マグネシウム製オルタネーターカバー、新設計のスターターなど各コンポーネンツの見直しによってエンジン単体の総重量は約2kgの軽量化に成功している。シリンダー背後左側にドライサンプ式オイルタンクを新装備し、モーターサイクルの重心を左右する質量バランスの最適化を実現。各モデル固有のハンドリング特性を高い水準へと引き上げている。低摩擦ベアリング付きクランクシャフト、さらに軽量となったオルタネーターによって慣性モーメントを低減し、高回転型エンジンのレスポンスとパフォーマンスを強化、最高出力は約3psアップの53ps/7,000rpmとなり、最大トルクは60Nm/5,250rpmまでアップ。これまで以上に伸びのある単気筒エンジンとなり、同時にエンジンマネジメントシステムも進化。インテーク・マニフォールド・インジェクションとデュアル・イグニッションを装備し、BMS-C IIエレクトロニック・エンジン・コントロールによって最適な燃料供給と点火タイミングを電子的に制御。また、O2センサーと3元触媒コンバーターの取付け位置をエンジンに近い位置に移動するなど、仕様を一新したステンレス・スチール製エグゾースト・システムの採用と精密なセットアップによって、ユーロ3排ガス基準を余裕でクリアする。BMW Motorradの品質基準に従い、生産は北イタリアにあるアプリリアのスコルゼ工場で行われ、パワー・ユニットはオーストリアの専門メーカー、ボンバルディア・ロータックス社から供給される。各モデル・バリエーションで異なるスポーツ性の要件や要求を満たすよう、信頼性、作動特性、経済性、環境への配慮など、高水準まで引き上げられている。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報