VIRGIN BMW | K100LT(1986-) 年式別モデルカタログ

K100LT(1986-)

  • 掲載日/2010年02月25日【年式別モデルカタログ】
  • ※表記はメーカー発表の年です  
K100LT(1986-)のモデルカタログ写真

K100LT(1986-)

ツーリングの快適性をさらに追求した
ラグジュアリー・ツアラーの祖

1986年に登場したK100LTは、K100RSをフルフェアリングとし、ツーリング性能に特化させたK100RT(1984年) をさらにラグジュアリー・ツアラー・ヴァージョンとして派生させた世界初のラグジュアリー・ツアラー。長距離走行時におけるさらなる居住性と快適性を求め、 当時としてはK100RTのグレードアップ仕様という位置づけで、性能面での変更は無く、装備をより充実させている。パッセンジャーまで考慮した、ウィンドプロテクション効果の高い大型スクリーン、背もたれがついたトップケース、デュアルシートのほか、振動を手に伝えないフォームラバー製のグリップ、さらにグリップヒーター、ステレオに対応したアンテナとスピーカーの装備、また収納可能な積載容量は当時最大を誇り、左右インテグラルケース(専用パニアケース)はそれぞれ35L、トップケースには20L、さらにシートカウルには9Lのコンパートメントも備え、合計99Lもの収納が可能。リアサスペンションにはフル積載時にも車高を一定にキープする自動車制御装置、ボーゲ製ニボマットのガスショックユニットが装着され、高速巡航や最大積載時(2人+荷物)など、いかなる使用状況でも安定した走行を約束する。1人ではなく2人で、しかも荷物満載状態で長距離を快適に移動するための手段として、K-LTはその後もBMW Motorradの重要なポジションを担うこととなり、後にエンジンが2バルブから4バルブ、排気量100から1100、1200へと拡大しながら、価格も装備もトップエンドなモデルへと進化してゆく。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
発売時価格(税抜き)
174万円207万円(ABS装備車両)
生産期間
1986~1991年
エンジン形式
4ストローク水平直列4気筒
バルブ
1気筒2バルブ
総排気量
987cc
ボア×ストローク
67×70mm
最高出力
90ps / 8,000rpm
最大トルク
86Nm / 6,000rpm
圧縮比
10.2 : 1
冷却方式
水冷
バルブ駆動
DOHCカムチェーン駆動
気化器
電子制御式燃料噴射(LE-ジェトロニック)燃料カットオフ機能付
クラッチ
機械式・乾式単板
ミッション
5速
ギアレシオ
4.50 / 2.96 / 2.30 / 1.88 / 1.61
ファイナルレシオ
2.91 : 1
点火方式
LE-ジェトロニック
オルタネータ
460W
バッテリー
12V-25Ah
全長×全幅×全高
2,220×920×1,155mm
ホイールベース
1,516mm(空車時)
シート高
810 / 760mm(空車時)
燃料タンク容量
22L
車両重量
283kg(満タン、走行可能状態)
最高速度
215km/h以上
燃費(90km/h定速走行時)
22.7km/L
燃費(110km/h定速走行時)
18.5km/L
燃料
無鉛プレミアムガソリン
フレーム
高剛性軽量スチール製チューブ・フレームエンジンブロックをフレームの一部として使用
フロントサスペンション
テレスコピック・フォーク
フロントホイールトラベル
185mm
リアサスペンション
BMWモノレバー(モノショック)シングルスイングアーム
リアホイールトラベル
114mm
駆動方式
シャフトドライブ
フロントブレーキ
ダブルディスク (285mm)2ピストンキャリパ
リアブレーキ
シングルディスク(285mm)2ピストンキャリパ
ブレーキパッド
全天候型セミメタルパッド
ホイール
H型断面Y字スポークアルミ製軽量キャストホイール
フロントホイール
2.50-18
リアホイール
2.75-17
タイヤ
チューブレス
フロントタイヤ
100/90 V18
リアタイヤ
130/90 V17

Kヒャク2バルブ

1983年に登場したBMW Motorradの新たなシリーズ『K』 に搭載される、水冷4サイクルDOHC2バルブ水平直列縦置き4気筒エンジン。この排気量987ccの新開発エンジン・ユニットは、水平対向2気筒エンジン同様、他のどのモーターサイクルとも類似しないユニークな構造となっており、まずクランクシャフトは前後方向に置かれ、水平に寝かされた直列する4つのシリンダーもまた前後に並ぶ。したがってライダーが跨った際左足側にシリンダヘッド、右足側にクランクケースが配置される。出力はヘリカル・プライマリー・ギアを介してクランクシャフトからダイレクトにアウトプットシャフトへ伝わり、乾式単板クラッチからギアボックスを伝ってドライブシャフトを回転させ、後輪へと伝達。論理的にパワーロスの無いダイレクトな出力伝達を実現するこの『BMWコンパクト・ドライブ・システム』は特許登録されており、BMW Motorradの優れたエンジン・ユニットとして、その後のKシリーズにも継承されることとなる。最高出力90hp/8,000rpm、最大トルク80Nm/6,000を発揮し、非常に広範囲に渡る性能曲線は低回転時から高いトルクを発揮しつつ、エンジンそのものの軽量化と車体におけるマスの集中化、低重心を実現。さらにメンテナンス面においても合理的な設計となっており、車体から取り外すことなくエンジン全てのメンテナンス作業が可能。ボクサー・エンジンの限界を越えるために開発されたこの新型エンジン・ユニットによって、Rシリーズと並行してKシリーズという新たな高性能モーターサイクルの創出に成功した。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報