VIRGIN BMW | K100RS 4バルブ(1989-) 年式別モデルカタログ

K100RS 4バルブ(1989-)

  • 掲載日/2010年02月15日【年式別モデルカタログ】
  • ※表記はメーカー発表の年です  
K100RS 4バルブ(1989-)のモデルカタログ写真

K100RS(1989-)

新たなKコンセプトを象徴する
未来指向のスポーツ・ツアラー

K1登場の翌年、1989年に発売されたK100RS 4valveは、1983年に登場した初期型Kシリーズ、2valveエンジンを搭載するK100RSの後継モデルという位置づけだが、実際はK1にRSの外装を仕様変えした、ハイパフォーマンスなスポーツ・ツアラーとなっている。DOHC16バルブ・エンジンを搭載するコンパクト・ドライブ・システム、マルゾッキ製テレスコピック・フロントフォーク、BMW Motorradパラレバー・サスペンション、ブレーキシステム(オプションでABS装備可能)などはK1と同様ながら、長距離走行に適したライディングポジションとスポーツフェアリングの設計や、パンク修理キットを含む豊富な車載工具、電源ソケット、タンデムを考慮した一体型シート、パニアケースの装備(日本向けには標準装備)など、より現実的なツーリング・トリムを装備。またウィンドスクリーンの上部には手動でアジャスト可能なスポイラー、ハンドガードの役割も担うミラーと一体型のウィンカー、空力特性に優れたアンダーカウルなど、長距離高速移動における快適性とスポーツ性能を両立する設計は、BMWが世界に提示する新たなスポーツ・ツアラーのコンセプトとなる。この水冷4サイクル水平直列縦置きクランク4気筒DOHC16バルブエンジンを搭載するのはK1とK100RS 4valveの2モデルのみで、その桁違いに高いパフォーマンスは後のKシリーズにも継承され、排気量を拡大したK1100シリーズへと移行してゆく。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
発売時価格(税抜き)
154万円171万円(ABS装備車両)
生産期間
1989~1992年
エンジン形式
4ストローク水平直列4気筒
バルブ
1気筒4バルブ
総排気量
987cc
ボア×ストローク
67×70mm
最高出力
100ps / 8,000rpm
最大トルク
100Nm / 6,750rpm
圧縮比
11.0 : 1
冷却方式
水冷
バルブ駆動
DOHCカムチェーン駆動
気化器
電子制御式燃料噴射(モトロニック)燃料カットオフ機能付
クラッチ
機械式・乾式単板
ミッション
5速
ギアレシオ
4.50 / 2.96 / 2.30 / 1.88 / 1.61
ファイナルレシオ
2.81 : 1
点火方式
モトロニック
オルタネータ
460W
バッテリー
12V-25Ah
全長×全幅×全高
2,230×875×1,260mm
ホイールベース
1,565mm(空車時)
シート高
760/800mm(空車時)
燃料タンク容量
22L
車両重量
259kg(満タン、走行可能状態)
最高速度
232km/h以上
燃費(90km/h定速走行時)
19.1km/L
燃費(120km/h定速走行時)
22.6km/L
燃料
無鉛プレミアムガソリン
フレーム
高剛性軽量スチール製チューブ・フレームエンジンブロックをフレームの一部として使用
フロントサスペンション
テレスコピック・フォーク
フロントホイールトラベル
135mm
リアサスペンション
BMW Motorradパラレバー(モノショック)アルミキャスト・シングルスイングアーム
リアホイールトラベル
140mm
駆動方式
シャフトドライブ
フロントブレーキ
BMW Motorrad ABSフローティングダブルディスク(305mm)4ピストンキャリパ
リアブレーキ
BMW Motorrad ABSシングルディスク(285mm)2ピストンキャリパ
ブレーキパッド
焼付メタルパッド
ホイール
U字断面3本スポークアルミ製軽量アロイホイール
フロントホイール
3.50-17
リアホイール
4.50-18
タイヤ
チューブレス
フロントタイヤ
120/70 ZR17
リアタイヤ
160/60 ZR 18

Kヒャク4バルブ

1983年に登場した初期のK100(2バルブ) エンジンユニットをベースに、4バルブへ進化させた排気量987ccの水冷4サイクルDOHC4バルブ水平縦置き4気筒エンジン。1989年に登場したK1から搭載され、1990年にはK100RS-4Vにも搭載される。しかしその後のKシリーズには、この4バルブエンジンからさらに排気量を1093ccへとスープアップしたK1100シリーズへ移行したため、初期のK100シリーズ4バルブエンジンを搭載するモデルはK1とK100RS-4Vのみ。4バルブ化と同時にエンジン制御も進化し、F1の世界で培われ、4輪エンジンで成功を収めたDME(Degital Motor Electronics) をモーターサイクルとしては初めて搭載する。それによって最高出力が100psへと引き上げられただけでなく、燃焼効率の向上も図られ、パフォーマンスの向上と経済性を両立。後のK1100/K1200シリーズに搭載される『縦K』エンジンの礎となった。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報