VIRGIN BMW | K1100LT(1991-) 年式別モデルカタログ

K1100LT(1991-)

  • 掲載日/2009年11月04日【年式別モデルカタログ】
  • ※表記はメーカー発表の年です  
K1100LT(1991-)のモデルカタログ写真

K1100LT(1991-)

時代の最先端を往く
ラグジュアリー・ツアラー

K100(987cc)からK1100(1093cc)へと排気量アップした4気筒エンジンを搭載し、最初に登場したK1100LT。排気量の拡大はキャタライザー(触媒)装備による排気効率の低下を補い、豊かで余裕の極低速トルクを実現。ABSやハンドルグリップヒーター、トップケース、ワイドレンジスピーカーなど、標準装備やメーカーオプションはロング・ツーリングに適したものが設定され、理想的なラグジュアリー・ツアラーに必要な豪華さと装備、機敏性や安全性、そして耐久性と環境保護性能をも満たした完璧と言っても過言ではないロングツーリング・モデルとなっている。パッセンジャーまでエアポケットに包み込む大型フェアリング、電動調整式大型ウィンドシールド、2人分の荷物を難なく納めることが出来る105Lの大容量ラゲッジキャパシティ、単純なストレートだけでなく、混雑した市街地、標高差のあるワインディングでも快適な走破性とハンドリングで扱い易く、ゴージャス装備の大型ツアラーでありながら、装備重量は290kgと驚異的なライトウェイトを実現。1986年に登場したK100LTの後継モデルに当たるが、K100RTをグレードアップした派生モデル(外装の一部変更、積載などツーリング装備の付加)というポジションから、完全にラグジュアリー・ツーリングというセグメントを確立している。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
発売時価格(税抜き)
206万円(ABS標準装備)、213万円(ABS+CAT装備車)
生産期間
1991~1999年
エンジン形式
4ストローク直列4気筒
バルブ
1気筒4バルブ
総排気量
1092cc
ボア×ストローク
70.5×70mm
最高出力
100ps / 7,500rpm
最大トルク
107Nm / 5,500rpm
圧縮比
11.0 : 1
冷却方式
水冷
バルブ駆動
DOHCチェーン駆動
気化器
電子制御式燃料噴射(モトロニックMA2.2)燃料カットオフ機能付
クラッチ
乾式単板
ミッション
5速
ギアレシオ
4.50 / 2.96 / 2.30 / 1.88 / 1.61
ファイナルレシオ
2.81 : 1
点火方式
モトロニックMA2.2
オルタネータ
700W
バッテリー
12V-19Ah
全長×全幅(ミラー含む)×全高
2,250×915×1,450mm
ホイールベース
1,565mm(空車時)
シート高
810mm(空車時)
燃料タンク容量
22L(リザーブ容量5L含む)
車輛重量
290kg(満タン、走行可能状態)
最高速度
200km/h以上
燃費(90km/h走行時)
20.4km/L
燃費(120km/h走行時)
17.2km/L
燃料
無鉛プレミアムガソリン
フレーム
スチール製荷重分担式ダイアモンドタイプ
フロントサスペンション
テレスコピックフォークスタビライザー装備
フロントホイールトラベル
135mm
リアサスペンション
BMWパラレバー片持ち式スイングアーム
リアホイールトラベル
120mm
駆動方式
ドライブシャフト式
フロントブレーキ
油圧式フローティングダブルディスク4ピストン・キャリパ
リアブレーキ
油圧式シングルディスク2ピストン・キャリパ
ブレーキパッド
全天候型/アスベストフリー
ホイール
軽合金製キャストホイール
フロントホイール
2.50-18
リアホイール
3.00-17
タイヤ
チューブレス
フロントタイヤ
110/80 VR18
リアタイヤ
140/80 VR17

1100縦置きクランク直列4気筒

1991年に登場するK1100LTから搭載された、水冷4サイクルDOHC4バルブ水平縦置き4気筒エンジン。BMWのパテントである“コンパクト・ドライブ・システム” は、フラットツイン同様、クランクシャフトからドライブシャフトまでダイレクトかつシンプルな動力伝達経路を構成し、パワーロスを抑制。しかも付加的なバランサーシャフトを必要とせずにエンジンの振動を消し去ることに成功している。1989年のK1、および1990年のK100RS-4Vで4バルブ化された直列4気筒エンジンを、ボア67mmから70,5mmへ、排気量987ccから1093ccへとスープアップし、2,000~8,500rpmまで8kg-m以上のトルクを持続、最高出力100ps/7,500rpm、最大トルク10.9kg-m/7,500rpmというトルク重視の扱いやすいエンジン特性となっている。燃料噴射システム、点火系など、デジタル化されたエンジンマネジメントも排気量拡大と共に熟成を重ね、後に1171ccへと排気量アップし、K1200シリーズへと続く。K100(4V)エンジンとの見た目の違いは、ブラックアウトされたエンジンボディと、ロッカーカバーの「BMW 4VALVE」というデザインくらい。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報