VIRGIN BMW | K1200LT(1998-) 年式別モデルカタログ

K1200LT(1998-)

  • 掲載日/2009年11月13日【年式別モデルカタログ】
  • ※表記はメーカー発表の年です  
K1200LT(1998-)のモデルカタログ写真

K1200LT(1998-)

ツーリング性能を重視する
BMWバイクのトップに君臨するフラッグシップモデル

バイクとしては明らかに“異様”なオーラを放つ、圧倒的な存在感のK1200LT。K100時代から続くラグジュアリー・ツアラーの符号を継承し、BMW Motorradのあらゆるテクノロジーが注ぎ込まれている。パワーユニットはK1200RSと基本構成を同じくしており、クルージング時の極めて滑らかな回転特性と、より豊かな低速トルクを得るために専用チューニングが施されている。ミッションは6速から5速へ、燃料消費と静粛性を考慮したオーバートップ設定に。その巨躯と重量は世界トップクラスだが、フロントのテレレバー、リアのパラレバーを採用することで、いかなる走行状況でも軽快な操縦性と走行性能を発揮し、驚くほどスムーズな走りを見せる。ABSシステムは標準装備、2001年モデルからは前後連動で作用するサーボ付フルインテグラルABSを装備する。セルモーターを利用した後進アシスト機能(バックギア)も内蔵しており、パーキング時や方向転換の際は大いに助けとなる。充実のツーリング装備はオーディオシステム、C9:30Dチェンジャー、オンボードコンピューター、クルーズコントロール、グリップヒーター、ピリオン側を含むシートヒーター、容量50Lのバックレスト付トップケース、左右で容量70Lのサイドケース、タンク上のコンパートメント収納など、まさに至れり尽くせり。トップエンドモデルとして長い期間販売され続けてきた。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
発売時価格(税抜き)
257万円(欧州仕様)269万円(国内仕様)
生産期間
1998~2007年
エンジン形式
4ストローク直列4気筒
バルブ
1気筒4バルブ
総排気量
1171cc
ボア×ストローク
70.5×75mm
最高出力
98ps / 6,750rpm
最大トルク
115Nm / 4,750rpm
圧縮比
10.8 : 1
冷却方式
水冷
バルブ駆動
DOHCカムチェーン駆動
気化器
電子制御式インジェクションシステム(モトロニックMA2.4)燃料カットオフ機能付
クラッチ
乾式単版 / 油圧式
ミッション
5速(後進アシスト付)
ギアレシオ
3.863 / 3.022 / 2.393 / 1.819 / 1.511 / Reverse
ファイナルレシオ
2.75 : 1
点火方式
モトロニックMA2.4
オルタネータ
840W
バッテリー
12V-19Ah
全長×全幅
2,465×1,100mm
ホイールベース
1,640mm(空車時)
シート高
770 / 800mm(空車時)
燃料タンク容量
23.4L(リザーブ容量4L含む)
車両重量
378kg(走行可能状態)
最高速度
200km/h以上
燃費(90km/h走行時)
23.2km/L
燃費(120km/h走行時)
17.5km/L
燃料
無鉛プレミアムガソリン
フレーム
キャストアルミフレーム
フロントサスペンション
BMWテレレバーセンタースプリングストラット
フロントホイールトラベル
102mm
リアサスペンション
BMWパラレバーセンタースプリングストラット片持ち式スイングアーム
リアホイールトラベル
130mm
駆動方式
ドライブシャフト式
フロントブレーキ
フルインテグラルABS油圧式フローティングダブルディスク4ピストン・キャリパ
リアブレーキ
油圧式シングルディスク4ピストン・キャリパ
ブレーキパッド
焼結メタルパッド
ホイール
アルミキャストホイール
フロントホイール
3.50-17
リアホイール
5.00-17
タイヤ
チューブレス
フロントタイヤ
120/70 R17
リアタイヤ
160/70 R17

1200縦置きクランク直列4気筒

1997年に登場したK1200RSから採用された、縦置きクランク水冷直列4気筒DOHC4バルブ1200ccエンジン。1983年のK100/K75シリーズに搭載された、BMW Motorrad新開発直列多気筒エンジンの最終進化版となる。バイクに跨った状態で左足にシリンダヘッド、右足にクランクケースカバー、クランクシャフトが進行(縦)方向にレイアウトされ、左に寝かされたシリンダはほぼ水平。吸気はダウンドラフトとなり、エアインテークマニホールドにはキャブレターではなく電子制御式燃料噴射装置(フュエル・インジェクション)のインジェクターが備わり、シリンダヘッド下からエキゾーストパイプが伸びる。いわゆる通常のマルチ・エンジン(横置き多気筒エンジン)とは大きく異なり、BMW Motorradのアイデンティティのひとつに数えられる独自のエンジン。最高出力130ps/8,750rpm、最大トルク118Nm/5,000rpmを発生し、これまでBMWが自主規制としてきた100馬力の壁をいとも容易く突破する。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報