VIRGIN BMW | K1200R(2005-) 年式別モデルカタログ

K1200R(2005-)

  • 掲載日/2009年10月08日【年式別モデルカタログ】
  • ※表記はメーカー発表の年です  
K1200R(2005-)のモデルカタログ写真

K1200R(2005-)

K1200Sをベースとした
メガ・ストリート・ファイターの登場

K1200Sが登場した翌年、基本構成を同じくする派生モデルとして、強烈なデザインを主張するネイキッド・スポーツ・マシンK1200Rが市場投入された。エンジンや独特な機構のフロント・サスペンションを覆い隠すものは一切無く、フロントマスクにはBMW Motorradのアイデンティティのひとつである左右非対称のデュアル・ヘッドライト・システムを装備し、その特徴的なスタイリングはこれまでのクラシックやツアラーというイメージとは正反対に位置する。一見するとSのフェアリングを取り除いただけに思えるが、タンクやシートのデザインはR専用設計のスリムなもので、ニーグリップや着座位置などは大きく異なる。また幅広のハンドルは車体を抱え込むようなライディングフォームとなり、よりアクティブな操作を可能とする。ステアリングヘッドの角度はK1200Sの60.6度から61度に変更され、ホイールベースは9mm延長。細身でコンパクト、低重心を実現する直列4気筒パワーユニットは、特に郊外や市街地といったシチュエーション向けに吸気ポートがデチューンされ、最高出力はSよりも4ps低い163ps/10,250rpm、最大トルクも3Nm低い127Nm/8,250rpmという低・中速域重視に。この攻撃的でスポーティなキャラクターはMoto GPの前座レースとして、パワーカップというワンメイク・レースも開催されていたほどのポテンシャルを持つ。高回転域でF-1マシンのような甲高い咆哮のSに対し、Rは低速域から暴力的なエキゾーストノートを奏でる。インテグラルABS(パーシャリータイプ)やグリップヒーター、電源ソケット、イモビライザー(電子式エンジン始動ロック・システム)などを標準装備し、工場オプションとしてプラス9万4500円でESA(電子調整式サスペンション)も装備可能。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
発売時価格(税抜き)
199万5,000円
生産期間
2005~2008年
エンジン形式
4ストローク直列4気筒
バルブ
1気筒4バルブ
総排気量
1,156cc
ボア×ストローク
79×59mm
最高出力
163ps / 10,250rpm
最大トルク
127Nm / 8,250rpm
圧縮比
13.0 : 1
冷却方式
水冷
バルブ駆動
DOHCカムチェーン駆動
気化器
電子制御式燃料噴射(BMS-K)燃料カットオフ機能付
クラッチ
油圧式・湿式多板
ミッション
6速
ギアレシオ
3.931 / 2.872 / 2.268 / 2.006 / 1.783 / 1.582
ファイナルレシオ
2.909 : 1
点火方式
BMS-K
オルタネータ
580W
バッテリー
12V-14Ah(MF)
全長×全幅×全高
2,230×785×1,095mm
ホイールベース
1,580mm(空車時)
シート高
790mm(空車時)
燃料タンク容量
19L(リザーブ容量約4L含む)
車両重量
250kg(満タン、走行可能状態)
最高速度
200km/h以上
燃費(90km/h定速走行時)
21.3km/L
燃費(120km/h定速走行時)
18.1km/L
燃料
無鉛プレミアムガソリン
フレーム
アルミ製ブリッジタイプエンジンをフレームの一部として使用
フロントサスペンション
BMW Motorradデュオレバー(モノショック)センタースプリングストラット
フロントホイールトラベル
115mm
リアサスペンション
BMW Motorradパラレバー(モノショック)アルミキャスト・シングルスイングアーム
リアホイールトラベル
135mm
駆動方式
シャフトドライブ
フロントブレーキ
BMW Motorrad Integral ABS(パーシャリーインテグラル)フローティングダブルディスク4ピストン固定キャリパ
リアブレーキ
BMW Motorrad Integral ABS(パーシャリーインテグラル)シングルディスク2ピストンフローティングキャリパ
ブレーキパッド
焼付メタルパッド/オーガニック
ホイール
アルミキャストホイール
フロントホイール
3.50-17
リアホイール
5.50-17
タイヤ
チューブレス
フロントタイヤ
120/70 ZR17
リアタイヤ
180/55 ZR 17

1200横置きクランク直列4気筒

2004年、これまでのKシリーズに見られた縦置きクランク・エンジンを横にレイアウトした、いわゆる一般的な4気筒エンジンを新開発し、BMW Motorradとしては初の横置きクランク4気筒エンジンが登場した。最大の特徴はシリンダーの前傾角度を55度と極端に寝かせている点で、それによってエンジンの全高は低く、車体のより低い位置に搭載可能となり、フラットツインやこれまでのKシリーズのエンジンでも明らかな“低重心の優位性” を継承することに成功した。エキゾーストの取り出し口がより下を向いていることでエキゾーストパイプの曲率は緩やかになり、排気効率の向上にも貢献している。また吸気ラインはシリンダヘッド上へほぼ垂直に置かれ、インジェクターも非常に小さく、空気の流れはダウンドラフトとなる。2本のカムシャフトを駆動するカムチェーンはエンジン右側に配置され、各シリンダー間のピッチは極めて狭く、エンジン単体のコンパクト化を実現。バルブ挟み角、ピストン、シリンダー、ベアリング、コンロッド、クランクシャフトなど各構成パーツの設計や表面処理、潤滑方式など、この新エンジンの開発にはBMWモーター・スポーツが培ってきたF-1技術がフィードバックされており、その結果として、最高出力167ps/10,250rpm、最大トルク130Nm/8,250rpm、わずか3,000 rpmから最大トルクの70%以上を発生するという、軽量・コンパクト・ハイパワーなエンジンが完成した。その駆動力の伝達にはスポーティなレスポンスと耐久性、メンテナンス性に優れるシャフトドライブ方式を採用する。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報