VIRGIN BMW | K75(1985-) 年式別モデルカタログ

K75(1985-)

  • 掲載日/2010年05月14日【年式別モデルカタログ】
  • ※表記はメーカー発表の年です  
K75(1985-)のモデルカタログ写真

K75(1985-)

スポーティさとイージーさが高度に調和した
ベストバランス・マシン

K75C(1985年)と同じタイミングでラインナップされたK75は、K75Cからフロントマスクを取り除き、ボディカラーやブラックアウトされたエンジン、メッキが施されたマフラーカバーなど、各部マテリアルにも凝ったデザイン変更により、都会的なイメージのスタンダードなスタイルとなっている。性能面はK75C同様。軽快なハンドリングやフットワーク、低速から力強く発揮される豊かなトルク、滑らかに吹け上がるエンジンなど、K75シリーズはK100シリーズ(1983年~)のライトウェイト3気筒740ccバージョンという、メーカーとしてはエントリーユーザーやビギナーに狙いを向けたものだったが、その中でも完璧にバランスが取れたK75の仕上がりは、むしろ玄人好みと言える。バイクらしい前後18インチ・ホイールにリア・ドラムブレーキは、1993年以降メーカー・オプションでABSの装備が可能となり(当時発売価格129万円)、前後ディスクブレーキ、リア・ホイールは17インチとなる。さらにローシートが標準装備となったことでライダーに余裕を与え、スポーツ性と乗り易さが高度に調和し、K75は実用性とライディングの楽しみを併せ持つ、K75シリーズの中でもとりわけ高い完成度を誇るマシンとなった(写真は ABS/ ローシート装備車)。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
発売時価格(税抜き)
107万円
生産期間
1985~1995年
エンジン形式
4ストローク水平直列3気筒
バルブ
1気筒2バルブ
総排気量
740cc
ボア×ストローク
67×70mm
最高出力
75ps/8,500rpm
最大トルク
68Nm/6,750rpm
圧縮比
11.0 : 1
冷却方式
水冷
バルブ駆動
DOHCカムチェーン駆動
気化器
電子制御式燃料噴射(LE-ジェトロニック)燃料カットオフ機能付
クラッチ
機械式・乾式単板
ミッション
5速
ギアレシオ
4.50 / 2.96 / 2.30 / 1.88 / 1.61
ファイナルレシオ
3.20 : 1
点火方式
LE-ジェトロニック
オルタネータ
460W
バッテリー
12V-20Ah
全長×全幅×全高
2,220×900×1,300mm
ホイールベース
1,516mm(空車時)
シート高
760mm(ローシート)(空車時)
燃料タンク容量
21L
車両重量
227kg(満タン、走行可能状態)
最高速度
200km/h
燃費(90km/h定速走行時)
23.8km/L
燃費(110km/h定速走行時)
19.2km/L
燃料
無鉛プレミアムガソリン
フレーム
高剛性軽量スチール製チューブ・フレームエンジンブロックをフレームの一部として使用
フロントサスペンション
テレスコピック・フォーク
フロントホイールトラベル
185mm
リアサスペンション
BMWモノレバー(モノショック)シングルスイングアーム
リアホイールトラベル
114mm
駆動方式
シャフトドライブ
フロントブレーキ
ダブルディスク (285mm)2ピストンキャリパ
リアブレーキ
機械式・ドラム
ブレーキパッド
全天候型セミメタルパッド
ホイール
H型断面Y字スポークアルミ製軽量キャストホイール
フロントホイール
2.50-18
リアホイール
2.75-18
タイヤ
チューブレス
フロントタイヤ
100/90-18
リアタイヤ
120/90-18

Kナナゴー

1983年に登場したBMW Motorradの新コンセプト「K100シリーズ」のBMWコンパクト・ドライブ・システムに、排気量740cc直列3気筒エンジンを統合した、水冷4サイクルDOHC2バルブ水平直列縦置き3気筒エンジン。そのユニークなエンジン・レイアウトはK75/100シリーズ特有のもの。K75シリーズはトルクを重視したパワープラントとなっており、低速から高いトルクを発揮。パワーロスの無いダイレクトな出力伝達を実現する優れたエンジン・ユニットは、最高出力75hp/8,500rpm、最大トルク68Nm/6,750rpmを発揮する。車体の基本構成はK100シリーズ同様だが、3気筒エンジンを搭載することでさらに軽量化が図られ、もともと低い位置に重量物を置いたマスの集中により、非常にバランスのとれた柔軟なライディング性能が実現されている。慣性モーメントを効果的に防止する、クランク・シャフトと反対方向に回転するバランス・シャフトの採用や、騒音レベルの大幅な低減、コンピュータ制御の正確な120°イグニッション、電子制御式燃料噴射装置など、ハイテク技術の投入による燃費の向上と排気ガスのクリーン化、そしてメンテナンス面での簡易化などは、K75/100シリーズ共通の特徴となっている。ちなみに3気筒のK75シリーズには3角断面、4気筒のK100シリーズには4角断面のサイレンサーが装備される。この3気筒エンジンを搭載するのはK75C、K75S、K75、K75S-Sport、K75RT、K75LTの6機種で完結する。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報