VIRGIN BMW | R1100S(1998-) 年式別モデルカタログ

R1100S(1998-)

  • 掲載日/2009年10月23日【年式別モデルカタログ】
  • ※表記はメーカー発表の年です  
R1100S(1998-)のモデルカタログ画像

R1100S(1998-)

レーストラック・バトルから長距離走行まで可能にする
ボクサー・スポーツの最高峰モデル

BMW Motorradの歴史上、重要な意味を持つ“S”の称号を与えられたスポーツ・モデルが1998年に登場。ボクサー・ツインを搭載する最もスポーティなモデルとして最高のパフォーマンスを備え、世界的に大ヒットとなる。WGPの前座として“BMW Motorrad Boxer Cup”というワンメークレースも開催され、トップライダーたちによる熱いバトルが観客を沸かせた。そのエンジンは当時唯一の1100ボクサー(1085cc)がベースとなっており、圧縮比を10.7から11.3へ高め、専用鍛造コンロッドの採用、吸気系の最適化、大容量マフラーの装備、次世代デジタルモーターエレクトロニクス、ツインスパーク・イグニッションなどにより、出力特性は98ps/7,500rpmに、最大トルクは97Nm/5,750rpmとなっている。ブレーキシステムにはオプションでBMWインテグラルABS(パーシャリーインテグラル)、もしくはABSレスを選択可能で、2002年モデルからはEVOブレーキが標準となる。調整可能なサスペンションを標準で装備するなど、ラインナップの中では断然スポーツ志向ではあるものの、人間工学に基づいたライダーへの負担が少ない設計のライディング・ポジションやパニアケースの装備、タンデム走行など、ツーリング面でもリラックスした走りが可能で、R1100RS同様スポーツ・ツーリング・セグメントに分類される。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
発売時価格(税抜)
181万円(ABS+CAT装備車)
生産期間
1998~2006年
エンジン形式
4ストローク水平対向2気筒
バルブ
1気筒4バルブ
総排気量
1085cc
ボア×ストローク
99×70.5mm
最高出力
98ps / 7,500rpm
最大トルク
97Nm / 5,750rpm
圧縮比
11.3 : 1
冷却方式
空油冷
バルブ駆動
HCコントロール
気化器
電子制御式燃料噴射(モトロニック)燃料カットオフ機能付
クラッチ
乾式単版
ミッション
6速
ギアレシオ
3.863 / 3.022 / 2.393 / 1.961 / 1.700 / 1.511
ファイナルレシオ
2.750 : 1
点火方式
モトロニックMA2.4
オルタネータ
700W [600W ※ABS無]
バッテリー
12V-19Ah [12V-14Ah ※ABS無]
全長×全幅×全高
2,210×770(ミラー含む)×1,195mm(ミラー除く)
ホイールベース
1,480mm(空車時)
シート高
800mm(空車時)
燃料タンク容量
約18L(リザーブ容量約5L)
車両重量
247kg(満タン、走行可能状態)
最高速度
200km/h以上
燃費(90km/h走行時)
23.3km/L
燃費(120km/h走行時)
19.2km/L
燃料
無鉛プレミアムガソリン
フレーム
3ピースアルミキャスト製フロントフレームメインフレーム
フロントサスペンション
BMWテレレバー(モノショック)センタースプリングストラット
フロントホイールトラベル
110mm
リアサスペンション
BMWパラレバー(モノショック)センタースプリングソトラット片持ち式スイングアーム
リアホイールトラベル
130mm
駆動方式
ドライブシャフト式
フロントブレーキ
油圧式フローティングダブルディスク4ピストン・キャリパ
リアブレーキ
油圧式シングルディスク2ピストン・フローティングキャリパ
ブレーキパッド
焼結メタルパッド/セミメタルパッド
ホイール
5本ダブルスポークキャストホイール
フロントホイール
3.50-17
リアホイール
5.00-17[5.50-17 ※オプション]
タイヤ
チューブレス
フロントタイヤ
120/70 ZR17
リアタイヤ
170/60 ZR17 [180/55 ZR 17 ※オプション]

R259系1100ボクサー

1993年にリニューアルされた、水平対向2気筒空油冷4サイクルSOHC4バルブ1085ccエンジン。最高出力は90ps / 7,250rpmで、最大トルク9.7kg-m / 5,500rpmを発揮し、従来のOHVボクサーエンジンよりもパワーで50%、トルクで20%アップされている。さらに点火系とインジェクション・システムをデジタル・モーター・エレクトロニック(モトロニック)・システムで集中的にコントロールし、高いパフォーマンスを実現。全てが一新されたブランニュー・エンジンとなった。このエンジンは、クランクケースからチェーンを介してシリンダヘッドに配置されたカムシャフトを回転させ、極めて短いプッシュロッドを押すことでロッカーアームを可動し、4つのバルブを駆動する、BMW独自の特殊な構造となっている。カムがピストンより上(外側)に位置するため、“ハイカムシャフトOHVエンジン”とも言える。ちなみに“R259”とは、もともと新型ボクサーエンジン開発当時のプロジェクトコードのこと。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報