VIRGIN BMW | R1200R(2007-) 年式別モデルカタログ

R1200R(2007-)

  • 掲載日/2011年03月15日【年式別モデルカタログ】
  • ※表記はメーカー発表の年です  
R1200R(2007-)のモデルカタログ写真

R1200R(2007-)

もっともスタンダードな
ロードスポーツネイキッドがさらに進化

1991年から始まる『ロードスター』の称号を継承する、もっともBMWらしいスタンダードかつベーシックなネイキッドモデル。時代と共に排気量が拡大され、2007年にR1200GS、GSアドベンチャー、RT、Sに次いで5台目の1200ボクサー(1169cc)としてラインナップされた。先代のR1150Rと比べてパワーが24psアップしつつ、車体重量は8kgも軽量化。丸みを帯びたボディラインは大きく様変わりし、エッヂの効いた都会的な雰囲気となる。これまで前後別体式だったシートは一体型となり(日本仕様は本国仕様のローシートが標準装備)、着座位置からテールレンズ上面へかけて段差の目立たない、流麗なデザインとなっている。メーターパネルには電子式メーターを視認性の高いアナログタイプにした速度計、回転計を縦に並べ、隣に液晶のインフォメーションフラットスクリーンを装備。燃料タンク下で左右2分割されていたオイルクーラーは一般的な1枚形状となり、Aアームの下、エンジン前方へ配置。ステアリングダンパーもAアーム下に装備する。R1200シリーズとしては最後発だが、最適化によって性能を向上させたブレーキシステムは、最初にABSサーボシステム(ブレーキアシスト機構)を廃止したモデル。インテグラルABSを標準装備し、工場オプションでASC(オートスタビリティコントロール)の搭載が可能となった。1200ボクサーへの移行はこれまでの『ロードスター』をさらにスポーティなキャラクターへと進化させた。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
エンジン形式
4ストローク水平対向2気筒
バルブ
1気筒4バルブ
総排気量
1169cc
ボア×ストローク
101×73mm
最高出力
80kW(109ps) / 7,500rpm
最大トルク
115Nm / 6,000rpm
圧縮比
12.0:1
冷却方式
空冷/油冷共用
バルブ駆動
SOHCカムチェーン駆動
気化器
電子制御式燃料噴射(BMS-K) 燃料カットオフ機能付
クラッチ
乾式単板
ミッション
6速
ギアレシオ
4.153/2.887/2.296/1.884/1.647/1.468
ファイナルレシオ
2.750:1
点火方式
BMS-K
オルタネータ
600W
バッテリー
12V-14Ah
全長×全幅×全高
2,150×850×1,160mm(空車時、ウィンドシールド上端まで)
ホイールベース
1,500mm(空車時)
シート高
770mm(空車時)
燃料タンク容量
約18L(リザーブ容量 約4L)
車両重量
230kg(満タン、走行可能状態)
最高速度
200km/h 以上
燃費(90km/h走行時)
24.4km/L
燃費(120km/h走行時)
18.2km/L
燃料
無鉛プレミアムガソリン
フレーム
3セクションフレームアルミキャスト製フロントフレームメインフレーム
フロントサスペンション
BMW Motorradテレレバー(モノショック)センタースプリングストラット可変リバウンドダンピング調整式
フロントホイールトラベル
120mm
リアサスペンション
BMW Motorrad EVOパラレバーセンタースプリングストラット片持ち式スイングアーム可変リバウンドダンピング調整式プリロード油圧調整式
リアホイールトラベル
140mm
駆動方式
ドライブシャフト式
フロントブレーキ
EVOブレーキフローティングダブルディスク4ピストン固定式キャリパー
リアブレーキ
固定式シングルディスク2ピストンフローティングキャリパー
ブレーキパッド
焼結メタルパッド/オーガニック
ホイール
5本ダブルスポークキャストホイール
フロントホイール
3.50-17
リアホイール
5.50-17
タイヤ
チューブレス
フロントタイヤ
120/70 ZR 17
リアタイヤ
180/55 ZR 17

1200ボクサー(ヘックスヘッド)

R259系1150ボクサーの次世代エンジン。2004年に登場したR1200GS以降のRシリーズに搭載され、排気量は84ccアップの1169ccとなり、ボクサーエンジンとしては初となる100psを達成。排気量の拡大、出力向上を図りつつも単体重量は3kg軽量化された。バランサーの採用によって振動は最小限に抑えられ、特に低回転域でのスムースさと、全速度域における快適性をもたらし、ボクサーツインの力強さと軽快な吹け上がりを実現している。一見するとシリンダヘッドカバーの形状変更(六角形:ヘックス)にしか見えないが、フレームとのマウント、オイルパイプの取り回しなど、先代とは大きく異なり、すべてが新設計。エンジン幅は先代同様だが、シリンダヘッドとヘッドカバーの形状などによってバンク角は増えている。また、これに組み合わされる燃料供給システムも大幅に進化しており、効率的な燃料供給と高度な制御機能により、燃費の向上はもちろんのこと、ライダーの要求にフレキシブルに応えるエンジンとなった。モデルによって最高出力は100~122psと異なり、キャラクターに適した出力が与えられる。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報