VIRGIN BMW | R1200ST(2005-) 年式別モデルカタログ

R1200ST(2005-)

  • 掲載日/2009年12月25日【年式別モデルカタログ】
  • ※表記はメーカー発表の年です  
R1200ST(2005-)のモデルカタログ写真

R1200ST(2005-)

BMWの本流を汲むスポーツ指向と
ツアラー指向を併せ持つ存在

これまでのR259系1150ボクサーからさらに進化した1200ボクサーエンジンを搭載し、個性的なルックスで登場したR1200STは、スポーツとツーリングという2つの領域を謳歌するためにつくられた、まったく新しいスポーツ・ツアラー。六角形の縦列2灯式ヘッドライトが大きく食い込んだ独特な形状のウィンドシールドは、手動でスライドさせることによって3段階に調整可能。風洞実験を繰り返し、効果的なウィンドプロテクションのみならず、風切り音の減少も実現。ハンドル、シート、フットレストを結ぶ三角形は人間工学に基づく設計となっており、長距離走行における疲労軽減と、スポーツ走行時における動き易さを考慮している。さらにライダーが跨った際、脚部内側カーブの長さも考慮したシート形状によって、地面へ足を降ろし易く、2段階に調整可能なシート高はライダーの不安を軽減。軽量、高出力、スポーティなドライバビリティで、そのキャラクターはワインディングでのスポーツ・ライドからロングツーリングでの快適性・安定性を兼ね備え、実は旅も出来るスポーティなボクサーとして、昔からBMWが標榜してきたメインストリームを受け持つ極めて重要な位置付けとなっている。モデルの系譜としては、そのキャラクターからBMWの代表的モデルであるR100RS~R1150RSなどの“RS” の後継機と言えるが、過去にも“ST” の称号が与えられたモデル(R80STやF650ST)同様、大きなセールスを記録することはなく短命に終わり、またR1200STの登場によって“RS” を冠するモデルも不在となっている。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
発売時価格(税抜き)
208万8500円
生産期間
2005~2007年
エンジン形式
4ストローク水平対向2気筒
バルブ
1気筒4バルブ
総排気量
1169cc
ボア×ストローク
101×73mm
最高出力
110ps / 7,500rpm
最大トルク
115Nm / 6,000rpm
圧縮比
12.0 : 1
冷却方式
空油冷
バルブ駆動
SOHCカムチェーン駆動
気化器
電子制御式燃料噴射(BMS-K)燃料カットオフ機能付
クラッチ
乾式単板
ミッション
6速
ギアレシオ
4.153 / 2.887 / 2.296 / 1.884 / 1.647 / 1.468
ファイナルレシオ
2.615 : 1
点火方式
BMS-K
オルタネータ
720W
バッテリー
12V-14Ah
全長×全幅×全高
2,165×890×1,220mm
ホイールベース
1,502mm(空車時)
シート高
780/800mm(空車時)
燃料タンク容量
21L(リザーブ容量約4L含む)
車両重量
229kg(走行可能状態)
最高速度
200km/h以上
燃費(90km/h走行時)
27km/L
燃費(120km/h走行時)
19.6km/L
燃料
無鉛プレミアムガソリン
フレーム
3セクションフレームエンジンとギアボックスをフレームの一部として使用し、フロントフレームおよびリアフレームを連結
フロントサスペンション
BMW Motorradテレレバー(モノショック)センタースプリングストラット
フロントホイールトラベル
110mm
リアサスペンション
BMW Motorradパラレバー(モノショック)アルミキャストシングルスイングアーム
リアホイールトラベル
140mm
駆動方式
シャフトドライブ
フロントブレーキ
EVOブレーキシステムBMW MotorradパーシャリーインテグラルABSフローティングダブルディスク4ピストン固定キャリパ
リアブレーキ
シングルディスク2ピストンフローティングキャリパ
ブレーキパッド
焼結メタルパッド
ホイール
アルミキャストホイール
フロントホイール
3.50-17
リアホイール
5.50-17
タイヤ
チューブレス
フロントタイヤ
120/70 ZR 17
リアタイヤ
180/55 ZR 17

1200ボクサー(ヘックスヘッド)

R259系1150ボクサーの次世代エンジン。2004年に登場したR1200GS以降のRシリーズに搭載され、排気量は84ccアップの1169ccとなり、ボクサーエンジンとしては初となる100psを達成。排気量の拡大、出力向上を図りつつも単体重量は3kg軽量化された。バランサーの採用によって振動は最小限に抑えられ、特に低回転域でのスムースさと、全速度域における快適性をもたらし、ボクサーツインの力強さと軽快な吹け上がりを実現している。一見するとシリンダヘッドカバーの形状変更(六角形:ヘックス)にしか見えないが、フレームとのマウント、オイルパイプの取り回しなど、先代とは大きく異なり、すべてが新設計。エンジン幅は先代同様だが、シリンダヘッドとヘッドカバーの形状などによってバンク角は増えている。また、これに組み合わされる燃料供給システムも大幅に進化しており、効率的な燃料供給と高度な制御機能により、燃費の向上はもちろんのこと、ライダーの要求にフレキシブルに応えるエンジンとなった。モデルによって最高出力は100~122psと異なり、キャラクターに適した出力が与えられる。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報