VIRGIN BMW | R80G/S(1980-) 年式別モデルカタログ

R80G/S(1980-)

  • 掲載日/2010年02月22日【年式別モデルカタログ】
  • ※表記はメーカー発表の年です  
R80G/S(1980-)のモデルカタログ写真

R80G/S(1980-)

GSシリーズの祖となる
メーカー初のエンデューロ・モデル

1980年に登場したR80G/S(俗称:スラッシュ・ジーエス)は、オンロード/オフロード問わず、タフネスさとスムーズな走行性能を備えた全くの新開発モデル。現在では一般的な「デュアルパーパス」とは、そもそも G/S が世界で初の市販車として切り拓いてきた分野であり、他メーカーは追いかけるようにそのセグメントの開発に勤しむこととなる。長いサスペンション・ストロークとアップライトなライディング・ポジション、そしてこの分野としては驚異的と言える軽量ボディは、荒野を突き進み、悪条件の路面でもその先へ走って行くことが出来る。それがメーカーの考える G/S の楽しみであり、コンセプトとなっている。もちろんオフロード走行だけではなく、オンロードを長距離・長時間走ることも考慮し、当初から完全なレジャー・マシンとして設計された。車体の造り込みを見ればオンロード・モデルからの単なるバリエーションではないことは明白で、ペットネームである「G/S」は「ゲレンデ・シュポルト:山野を駆け巡るスポーツモデル」を意味し、走る場所を選ばない真のデュアルパーパス・マシンであることを表している。事実、過去にはクロスカントリー・レースや世界でもっとも過酷な砂漠のラリーレイド、パリ=ダカール・ラリーなど積極的に参戦し、数々の勝利を納めてきた。シビアなレースシーンで培われてきた技術は市販車へも惜しみなくフィードバックされ、中でも独自開発のリア・サスペンション機構であるBMWモノレバーは、耐久性、整備性、路面追従性など、多くのメリットを有する。G/S はその後「GS」と呼び名を変えてビッグ・オフロード・マシンとして定着し、その分野では他メーカーの追随を許さず、登場以来途絶えることなく、脈々と続くGSシリーズの源流となっている。

価格・スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
発売時価格(税抜き)
135万円
生産期間
1980~1987年
エンジン形式
4ストローク水平対向2気筒
バルブ
1気筒2バルブ
総排気量
797.5cc
ボア×ストローク
84.8×70.6mm
最高出力
50hp / 6,500rpm
最大トルク
56.7Nm / 5,000rpm
圧縮比
8.2 : 1
冷却方式
空冷
バルブ駆動
OHV
気化器
ビング製キャブレター
クラッチ
機械式・乾式単板
ミッション
5速
ギアレシオ
4.40 / 2.86 / 2.07 / 1.67 / 1.50
ファイナルレシオ
3.36 : 1
点火方式
エレクトロニック・イグニッション
オルタネータ
280W
バッテリー
12V-28Ah
全長×全幅×全高
2,230×820×1,150mm
ホイールベース
1,465mm(空車時)
シート高
860mm(空車時)
燃料タンク容量
19.5L(2Lのリザーブ含む)
車両重量
186kg(満タン、走行可能状態)
最高速度
168km/h以上
燃料
レギュラーグレード(無鉛)
フレーム
スチールチューブ製ダブルクレードル・フレーム
フロントサスペンション
テレスコピック・フォーク
フロントホイールトラベル
200mm
リアサスペンション
BMWモノショック・モノレバー・サスペンション片持ちスイングアーム
リアホイールトラベル
170mm
駆動方式
シャフトドライブ
フロントブレーキ
油圧式・シングルディスク(260mm)
リアブレーキ
ドラム
ホイール
スポーク・ホイール
タイヤ
チューブ
フロントタイヤ
3.00-21
リアタイヤ
4.00-18

OHVボクサー

1996年に生産終了となったR80GS Basicを最終搭載モデルとし、BMW Motorradの登場以来改良と進化を続けてきた空冷4ストロークOHV2バルブ水平対向2気筒エンジン。排気量は時代やモデルによって異なり、最終形はR100シリーズのストローク70.6mm、ボア94mmの排気量980ccとなる。エンジンレイアウト、縦置きクランク、エンジン一体型ミッション、シャフトドライブ、エンジンからドライブユニットまでダイレクトに繋ぐ「コンパクト・ドライブ・システム」という基本的な設計は、1923年に初めてBMW Motorradとして世に送り出したモーターサイクル「R32」の時代から変わらず、オイル循環形式やプッシュロッドの配置、ガスケット、電装系や材質などなど、長い年月を経て細部にいたるまでさまざまな改良が重ねられ、BMW MotorradはOHVボクサーエンジンを主軸にモデルを拡充し続け、やがてR259系ボクサーエンジンへと移行する。シリンダヘッドカバーには丸みを帯びたクラシックなタイプと、アクシデント時に若干強度の高い角ばった形状がある。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報