VIRGIN BMW | Rナインティ スクランブラー(2016-) 現行モデルカタログ

Rナインティ スクランブラー(2016-)

  • 掲載日/2016年12月22日【現行モデルカタログ】
  • ※表記はメーカー発表の年です  

Rナインティ スクランブラー(2016-)のモデルカタログ写真

R nineT Scrambler(2016-)

正立フロントフォークに19インチホイールをセット
ストリートに映えるスクランブラースタイル

古き良き時代を体現するR nineTシリーズに追加されたスクランブラーバージョン。搭載するエンジンはR nineTと同じ空油冷ボクサーエンジンで、フレームやタンク、シート、外装などはR nineTと同じデザインだが、足周りに大きな変更が加えられている。

R nineTでは倒立式フロントフォークに17インチのスポークホイールが組み合わされていたが、R nineTスクランブラーでは正立式フロントフォークに19インチのキャストホイールを採用。フロントを19インチとするのは、オンロードベースながらオフロード走行も見越していた60~70年代のスクランブラーでは定番であり、このモデルもそのセオリーに乗っ取ったもの。この19インチ化に伴ってステアリングヘッドアングルはR nineTの64.5°から61.5°へと変更されている。

また、ゴム製フットレストが取り外し可能なステップや、左サイドで高くマウントされたマフラーなど、随所にオフテイストを盛り込んでいる。タンクはR nineTと同一のフォルムながら材質はスチール製で車両価格を抑えているが、オプションでR nineTと同じアルミ製もチョイスできるほか、クロス・スポーク仕様の前後ホイールセットや80年代スタイルのビキニカウルなど、豊富な純正オプションパーツも用意されている。

R nineTシリーズはスタイルを楽しむモデルとして装備の簡素化を図ったモデルではあるが、スクランブラーではABSとヒートグリップを標準で装備している。

スペック

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
エンジン形式
4ストローク水平対向2気筒
バルブ
1気筒あたり4バルブ
総排気量
1,169cc
ボア×ストローク
101×73mm
最高出力
81kW (110ps) / 7,550rpm
最大トルク
119Nm / 6,000rpm
圧縮比
12.0:1
冷却方式
空油冷
バルブ駆動
DOHCカムチェーン駆動
点火/噴射制御
電子制御式燃料噴射
クラッチ
油圧操作式乾式単板
ミッション
6速
オルタネータ
720W
バッテリー
12V / 14Ah
全長×全幅×全高
2,175×880×1,330mm
ホイールベース
1,522mm
シート高
820mm
燃料タンク容量
18リットル(リザーブ容量約3リットル)
車両重量
220kg (走行可能状態)
燃費(90km/h定速走行時)
22.2km/L
燃費(120km/h定速走行時)
17.2km/L
燃料
無鉛プレミアムガソリン
フレーム
3セクションフレーム(フロント1、リア2)、エンジン&ギアボックスユニットをフレームの一部として使用、後部座席フレーム取り外し可能
フロントサスペンション
テレスコピックフォーク(43mm径)
フロントホイールトラベル
125mm
リアサスペンション
BMW Motorrad パラレバー、センタースプリングストラット、片持ち式スイングアーム、可変リバウンドダンピング調整式、プリロード油圧調整式
リアホイールトラベル
140mm
駆動方式
ドライブシャフト式
フロントブレーキ
ダブルディスクブレーキ、フローティングディスク、直径320mm、4ピストン固定キャリパー
リアブレーキ
シングルディスクブレーキ、直径265mm、ダブルピストンフローティングキャリパー
ホイール
スポークホイール
フロントホイール
3.00×19″
リアホイール
4.50×17″
タイヤ
チューブレス
フロントタイヤ
120/70 R 19
リアタイヤ
170/60 R 17

カラーバリエーション

Rナインティ スクランブラー(2016-)のモデルカタログ写真
Rナインティ スクランブラー(2016) モノリス・メタリック・マット 176万5,000円(消費税8%込み ※2016年12月時点)

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報