VIRGIN BMW | BMW Motorradのオイル交換周期は? BMWバイクQ&A

BMW Motorradのオイル交換周期は?

  • 掲載日/2006年03月22日【BMWバイクQ&A】
  • 監修/プラッツ愛媛 仙波 博
BMWバイクQ&Aの画像

次のオイル交換はいつか
これだけは覚えておいてください

BMWの現行車はコンピューターなど精密部品が多く搭載されており、メンテナンスをご自分でやられる方はほとんどいらっしゃらないでしょう。しかし、オーナーさんに覚えておいていただきたいことがあります。「次はいつ頃オイル交換なのか」です。BMWは丈夫で壊れないバイクですが、それは定期的にオイルを換え、消耗品が交換されているのが前提です。正しく部品の間に油膜が張られ、エンジン内部の清浄・冷却が行われていれば、トラブルも少なく、どれだけの距離を重ねても好調に走ることができますよ。

BMWのオイルはR・Kシリーズの場合「エンジンオイル、ギアボックスオイル、ファイナルドライブオイル」の3種。Fシリーズは経済的で「エンジンオイル」の交換だけとなります。また新型の横置きのKシリーズ(K1200S、K1200R)もギアボックスオイルはなく「エンジンオイル、ファイナルドライブオイル」とこちらも経済的といえますね。

さて、エンジンオイルは約3,000kmごと、もしくは半年に一度、どちらか早いタイミングでの交換を推奨しています。ただし、2回に1度はオイルエレメント(フィルター)交換をしてください。ここが汚れたまま、何度もオイル交換をしてもあまり意味がありません。ちなみにエンジンオイルは、BMW専用に開発されているカストロール(CASTROL)製のものを推奨しています。

一方、ギアオイル、ファイナルドライブオイルはBMW購入時についてくる「整備手帳」では、ギアボックスオイルは2年以内に交換、ファイナルドライブオイルは、4万kmまたは2年以内に交換と記載されています。ただ当店では、より良い状況を保っていただくため、エンジンオイル交換2回に1回のサイクルでの交換を推奨しています。ギアオイルとファイナルドライブオイルは専用オイルを使用してください。ちなみに、当店では『バルボリン』を使用しております。

もう1点、BMWのオーナー、とくにRシリーズにお乗りの方にお願いしたいことがあります。それは、普段からのオイルレベルのチェックです。街中で乗っている分にはなかなかオイルが減ることはありませんが、ロングツーリングなど高回転で長時間走り続けていると少しずつオイルは減っていき、放っておくとエンジンにダメージを与えてしまいます。そのため、エンジン始動前にオイルレベルをチェックする癖をつけましょう。なお、エンジン始動後だとオイルが循環してしまい、規定レベルなのかどうかがわからなくなりますので「エンジン始動前のオイルが下がってきている」ときにチェックを行いましょう。

注目のアイテムはコチラ