VIRGIN BMW | Fシリーズのエンジンって耐久性は大丈夫なの? BMWバイクQ&A

Fシリーズのエンジンって耐久性は大丈夫なの?

BMWバイクQ&Aの画像

Fシリーズは
R、Kに負けない品質を誇っています。

Fシリーズはオーストリアのロータックス社がBMW社と共同で最新のBMWの技術を取り入れ開発されたモデルです。設計はロータックス社であるものの、心配ご無用です。Fシリーズは、R、Kに負けない品質を誇っています。

シリンダーはR、Kシリーズと同様に、高強度低摩耗が自慢の 『ニッケルシリコン(ニカジル)コーティング』 を施し、耐久性に定評があります。さらに、軽合金製の鋳造クランクケース、熱処理された窒化銅のクランクシャフト、熱処理鍛造鋼のシングルピースコンロッド、軽合金チル鋳造製ヘッドの採用などなど単気筒バイクとしては、まさに異例の非常に高品質な素材を使用しています。

さらに、エンジンの耐久性に大きく影響する潤滑系はドライサンプ方式を採用し、安定した性能を確保するために水冷エンジンとなっています。また、単気筒独特の振動を抑えるためにバランサーを採用し、快適な乗り心地についても考え抜かれています。

性能面ではシリンダーヘッドの燃焼室形状を4輪のBMWスポーツモデルの「M3エンジン」のノウハウを活用し、設計されており非常に高度な仕上がりになっています。K、Rと同等の耐久性があるかということに関しては車輌の設計条件やコンセプトが違うため、比較するのは難しいですが、他メーカーの同等の単気筒モデルと比較するとずば抜けた耐久性を持っています。実際に私どものお客様では、ノントラブルで10万km以上走っている方もいらっしゃいます。

注目のアイテムはコチラ