VIRGIN BMW | 『ESA』ってなんですか? BMWバイクQ&A

『ESA』ってなんですか?

BMWバイクQ&Aの画像

その名の通りサスペンションを
コンピューターで調整するものです

正式表記は『Electronic Suspension Adjustment』と言い、電子調整サスペンションという意味です。これらの頭文字をとってESAですね。その名の通りサスペンションをコンピューターで調整する、BMWが世界に先駆けて導入したシステムです。調整は非常に簡単で、ハンドル手元のボタンを押し、走行状況に合わせ3段階×3段階の計9段階のサスペンション調整が可能です。ちなみにイニシャル調整は「1人乗り」、「1人乗り+荷物」、「2人乗り」の3段階で行い、こちらは停車時にしか設定ができません。

次にダンパー調整ですが、こちらは走行シーンに合わせて「NORMAL」をはじめ、「COMFORT」、「SPORT」へと3段階の調整ができます。こちらは走行中に設定変更が可能です。また設定は手元の液晶パネルに表示され、状況を確認することができます。煩雑な操作を必要とせず、ライダーに合わせて、走行シーンに合わせてサスペンションを最適な状態に調整できるなんて、なんとも至れり尽くせりな装備だと思いませんか?

ただ、ESAはBMW MOTORRADの全モデルに採用されているというわけではなく「K1200S」、「K1200R」、「ニューK1200GT」、「R1200RT」の4モデルにのみ採用されています。なお、どのモデルもESAは工場オプション装備となっておりますのでご注意くださいね。

注目のアイテムはコチラ