VIRGIN BMW | BMWが環境に優しいバイクっていうのは、本当ですか? BMWバイクQ&A

BMWが環境に優しいバイクっていうのは、本当ですか?

BMWバイクQ&Aの画像

規制が厳しくなかった頃から
BMWは環境問題に取り組んできました

モデルによって違いがありますが、今のBMW Mottradの多くのモデルには「BMS-K(BMW Engine Management System)」と呼ばれる電子制御による燃料噴射・点火制御システムが採用されています。シリンダーやマフラーに設けられたセンサーから車輌や気温・気圧など周りの状況を的確に判断し、走行状況にもっとも合った燃料噴射・点火制御が行われるシステムです。このシステムを導入することで、乗り手を快適にするだけでなく、無駄のない混合気の燃焼が行われているのです。また空(油)冷のRシリーズには1気筒に2本のプラグが使用される「ツインスパークイグニッション」が採用され、BMS-Kと合わせてさらに燃焼効率が上げられています。

また、綺麗な燃焼だけでなく、排出される排気ガスへの対策も万全です。BMWでは1991年よりマフラーにキャタライザー(触媒)が装備されており、排気ガスの含有成分をクリーンにし大気中に開放しているのです。環境問題が声高に叫ばれるようになった今、世界各国での規制に対応するため他メーカーも同様の対策を取り始めています。しかし、規制がまだ厳しくなかった頃から環境に取り組んできていたBMWの姿勢は大いに評価されるべきでしょう。

注目のアイテムはコチラ