VIRGIN BMW | 「シャフトドライブには癖がある」と聞いたのですが…。 BMWバイクQ&A

「シャフトドライブには癖がある」と聞いたのですが…。

  • 掲載日/2007年04月13日【BMWバイクQ&A】
  • 監修/モトラッド京葉 三宅 真樹さん

BMWバイクQ&Aの画像

シャフトドライブを採用しているオートバイには確かにシャフトドライブ特有の癖があります。しかしBMWのパラレバーを採用しているモデルでは、シャフトドライブの癖を感じることがほとんどありません。

まずはシャフトドライブの癖についてご説明しましょう。癖とは一般に「トルクリアクション」と呼ばれている車輌の挙動のことで、発進時や加速時に車輌後部が持ち上がったり、エンジンブレーキをかけた時に車輌後部が下がったりする動きです。これはシャフトドライブ内部にあるドライブシャフトが回転する動きが主な原因となっています。ライダーの車輌操作によってこの癖をコントロールすることはできるのですが、BMWに慣れていないライダーにとっては違和感を感じることもかつてはありました。

しかし、BMWにパラレバーが採用されるようになり、シャフトドライブの癖は大きく改善されました。パラレバーの機構を詳しく説明すると文章が膨大になってしまうので割愛いたしますが、トルクリアクションを起こす力の動きをうまく逃がす仕組みになっています。現在のBMWに採用されているシャフトドライブはシャフトドライブのメリット( 疑問26 で解説されていますね)を享受しつつ、ネガティブな癖は感じさせない機構になっているのです。ですから、現行モデルやパラレバー採用のモデルであればシャフトドライブの癖については悩む必要はありません。ご安心ください。

注目のアイテムはコチラ