VIRGIN BMW | R1100シリーズの購入を考えています。古いモデルのパーツの供給は大丈夫? BMWバイクQ&A

R1100シリーズの購入を考えています。古いモデルのパーツの供給は大丈夫?

  • 掲載日/2008年01月15日【BMWバイクQ&A】
  • 監修/モトラッド神戸 樋口 智之さん
BMWバイクQ&Aの画像

ご安心ください。
古いモデルでもパーツの供給は安定しています

R1100シリーズは、まだまだ現役のモデルです。パーツの供給も安定していますのでご安心ください。90年代なって登場したBMWだけではなく、それ以前に販売されていたBMWであっても、パーツはまだまだ手に入ります。70年代のモデルになると一部パーツで欠品が出ているモデルもありますが、他メーカーのパーツ供給状況を見ると、古いモデルであってもこれほどのアフターセールス体制が維持されているのはBMWを除けば一部の輸入モデルメーカーしかありません。日本国内にパーツがない場合でもドイツ本国に発注をかければ、希望のパーツを入手することは難しくないでしょう。「BMWは一生乗ることができるバイク」と言われますが、これは耐久性や信頼性だけの話ではなく、パーツや消耗品の供給を含めた環境が揃っているからなのです。

古いモデルを楽しむことができる環境は、パーツ供給だけではありません。メンテナンスや修理などで古いモデルが入庫することはBMWの世界では日常的なことで、購入後に愛車を調子よく維持していくのは難しいことではありません。全国各地のBMWディーラーへ安心して、車輌を預けることができます。また、R1100系のモデルは各種保証が充実している認定中古車の中にも用意されていますので、その中から選ぶより安心の車輌選びができるでしょう。

注目のアイテムはコチラ