VIRGIN BMW | 第1回 R1200RT 外装系 その1 R1200RT・R1200ST編

第1回 R1200RT 外装系 その1

  • 掲載日/2012年08月24日【R1200RT・R1200ST編】
  • 執筆/モトラッド阪神 田中 建次
    このコンテンツは BMW BIKES Vol.29 (発行:2005.05.14) 「ディーラーメカニックが解説する R1200RT / ST テクニカルディテール」掲載の記事を引用しています。

R1200RT・R1200ST分解レポートの画像

今回取り上げるのは、R1200RT と ST である。ここでは装備品が多い R1200RT をメインに、通称 PDI (Pre-Delivery-Inspection:納車前点検) 作業に加えて、新規採用されたメカやディテール、メインテナンス情報をできるだけ分かりやすく解説していく。オーナーおよびオーナー候補の方々も参考にされたい、ディーラーメカニックだけが知り得るニューモデルの細部を紹介していこう。

分解レポート 詳細をチェック

R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
ニュー RT が到着。さっそく木枠の開梱。カウルが大きく、スクリーンと前輪を外してあっても、ぎりぎりのサイズだ。中にはパニアケースも入っているのだ。バイクを傷つけないよう、慎重に梱包を分解していく。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
前輪が付いていないので、ロープで吊り上げて組み立てる。組み立て・オプションの取り付け。納車前点検とセットアップ終了 (車検場行きが可能状態) まで、4~5時間くらいかかった。慣れればもう少し早い。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
押して動かせるようになったところで、カウルを分解する。手順を憶えると同時に、新規登録書類のために、エンジン番号の拓本を取る必要があるのだ。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
カウルの固定ビスはトルクス規格で T25 と T30。L字型レンチでも使えるが、このようなドライバーの方がはるかに早い。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
サイドカウルは旧 RT の一体成型から二分割式に。ミラーを外す必要はない。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
上側のカウルはビス4本。特に難しくはない。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
この時点で、左側面はフューエルポンプユニットに手が入るようになった。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
下側のカウルを外すにはタンク上部のキャリアを外す必要がある。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
ビス4本で外れた。タンクバッグを固定できるキャリア。結構丈夫そうな樹脂製。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
カウルの合わせ面を隠すという、デザイン上の意味もあるようだ。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
カウルのビスは8個。左側上部前端に、1個だけクイックファスナーがあった。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
特にコツはなく、ビスが多いだけで簡単に外れた。隠しビスもない。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
同調点検用のバキュームホースをつなぐためには、カウルを外すことがわかった。面倒といえば面倒。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
右側のカウルも外してみよう。アンダーカウルは廃止された。カウル内に熱気がこもるのを防ぐためとのことだ。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
上側の手順は同じだが、下側のカウルはオーディオ廻りにビスが増えて全部で 12本。ボックスのフタはビス2本。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
エアクリーナーとミッションオイルの点検、スロットル同調調整が可能になる。定期点検などではサイドカウルを外すのを前提にした設計だ。ここまででビス 34本クイックファスナー1個を外した。旧 RT より多い。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
工具不要で外れるインテークダクトの奥にエアクリーナーエレメントが見える。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
フューエルタンクも外す。容量は 27L と増加。イタリアのアチェルビス社製。電装系の配置を見るためだが、電装のメインテナンスは基本的に GT1 で行なうので、めったに外すことはないだろう。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
普通は PDI でここまでは分解しない。勉強と技術的興味のためだ。メインフレームは旧型のアルミ鋳物からパイプになり、補機類のスペースに余裕ができた。相変わらず低重心であることがよくわかるショット。ホイールベースは 1485ミリ。GS より 55ミリ長く旧 RT と同じ。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報