VIRGIN BMW | 第19回 R1200ST 外装系 その1 R1200RT・R1200ST編

第19回 R1200ST 外装系 その1

  • 掲載日/2012年10月10日【R1200RT・R1200ST編】
  • 執筆/モトラッド阪神 田中 建次
    このコンテンツは BMW BIKES Vol.29 (発行:2005.05.14) 「ディーラーメカニックが解説する R1200RT / ST テクニカルディテール」掲載の記事を引用しています。

R1200RT・R1200ST分解レポートの画像

今回取り上げるのは、R1200RT と ST である。ここでは装備品が多い R1200RT をメインに、通称 PDI (Pre-Delivery-Inspection:納車前点検) 作業に加えて、新規採用されたメカやディテール、メインテナンス情報をできるだけ分かりやすく解説していく。オーナーおよびオーナー候補の方々も参考にされたい、ディーラーメカニックだけが知り得るニューモデルの細部を紹介していこう。

分解レポート 詳細をチェック

R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
ヘッドカバーの色やオイルレベルセンサーの有無等わずかな違いがあるが、エンジンからリアホイールまでとフロントホイールは RT と基本的に共通。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
ST にはいわゆるハーフカウルのみ。旧 RS のようにフルカウルバージョンはない。ハーフカウルとはいえ、シリンダー冷却後の熱気が足に当たらないように工夫されている。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
カウルの下部がビス一本で外れる。これだけで同調の点検やミッションオイルの交換ができるので便利。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
サイドカウルを外してみよう。RT と比べると手間はかからない。旧 RS や R1100S とよく似た外し方である。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
片側ビス9本で外れる。左右外せば大抵のメインテナンスができる。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
RT のフューエルフィルターは GS と同じくタンク内にあるが、ST は外部に露出している。エアフィルターは RT と同じ位置なので右のカウルを外す。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報