VIRGIN BMW | 第20回 R1200ST サスペンション R1200RT・R1200ST編

第20回 R1200ST サスペンション

  • 掲載日/2012年10月12日【R1200RT・R1200ST編】
  • 執筆/モトラッド阪神 田中 建次
    このコンテンツは BMW BIKES Vol.29 (発行:2005.05.14) 「ディーラーメカニックが解説する R1200RT / ST テクニカルディテール」掲載の記事を引用しています。

R1200RT・R1200ST分解レポートの画像

今回取り上げるのは、R1200RT と ST である。ここでは装備品が多い R1200RT をメインに、通称 PDI (Pre-Delivery-Inspection:納車前点検) 作業に加えて、新規採用されたメカやディテール、メインテナンス情報をできるだけ分かりやすく解説していく。オーナーおよびオーナー候補の方々も参考にされたい、ディーラーメカニックだけが知り得るニューモデルの細部を紹介していこう。

分解レポート 詳細をチェック

R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
フォークのインナーチューブは、なぜか重量の重い RT より太く、R1100S と同じ。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
フロントホィールやフェンダーは同じだが、フォーク全体が違う。開発テストで、太い方がマッチングが良かったとのことだ。
R1200RT・R1200ST分解レポートの画像
リアショックのプリロード調整ダイヤルと電源ソケット。ダイヤルは車体左に露出しているので信号待ちの間にでも調整できる。

関連する記事

注目のアイテムはコチラ