VIRGIN BMW | 第13回 メーター HP2エンデューロ編

第13回 メーター

  • 掲載日/2012年08月06日【HP2エンデューロ編】
  • 執筆/モトラッド阪神 田中 建次
    このコンテンツは BMW BIKES Vol.33 (発行:2006.01.14)「ディーラーメカニックが解説する HP2 Enduro テクニカルディテール」掲載の記事を引用しています。

HP2エンデューロ分解レポートの画像

ついに BMW 初の体育会系ダートバイク、HP2 Enduro の登場です。R1200GS ベースというより、GS のエンジン等を使ったまったく別のバイクと表現すべきで、他のいかなる BMW バイクの系列にも属さない。オーナー以外では滅多に見られない細部をお見せしよう。

分解レポート 詳細をチェック

HP2エンデューロ分解レポートの画像
メーターパネルは HP2 専用品。エンデューロバイクなのでタコメーター無しは順当なところ。
HP2エンデューロ分解レポートの画像
同じく GS 以降のモデルにはヒューズは無い。リレー類もメイン一個を残して廃止。円筒状のフタが付いたコネクターはテストコンピューター「GT1」接続用。あらゆる電装品のテストとともに、ソフトウエアのアップデート、オプション電装品追加時にはそのドライバーをインストールできる。
HP2エンデューロ分解レポートの画像
マルチインフォメーションディスプレイ。時計、油温計、ギヤポジション、オドメーター、ツイントリップメーター。燃料残4Lを切ると警告するとともに、自動で残燃料での走行可能距離画面に切り替わり、リアルタイムで表示が変化する。バイク側で燃費をモニターしているのだ。
HP2エンデューロ分解レポートの画像
R1200GS 以降のモデルは、エンジンの通算稼働時間やブレーキ使用時間、ABS 作動時間を覚えていて、専用テストコンピューター (GT1) で呼び出すことができる。HP2 独自の機能として、エンジンの稼働時間をボタン操作でメーターに表示することができる。HP2 のマニュアルにはダート走行何時間ごとの整備項目が記されており、メインテナンス時期の目安にするため。もちろんリセット可能だ。
HP2エンデューロ分解レポートの画像
車体右にはパワーソケット。1200GS 以降はキー ON 時のみ 12V 電源が供給される。ここから充電できる新型充電器が発売されたので、興味のあるかたはディーラーに問い合わせされたい。

分解レポート HP2エンデューロ編 メニュー

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報