VIRGIN BMW | 第16回 フューエルタンク HP2エンデューロ編

第16回 フューエルタンク

  • 掲載日/2012年08月15日【HP2エンデューロ編】
  • 執筆/モトラッド阪神 田中 建次
    このコンテンツは BMW BIKES Vol.33 (発行:2006.01.14)「ディーラーメカニックが解説する HP2 Enduro テクニカルディテール」掲載の記事を引用しています。

HP2エンデューロ分解レポートの画像

ついに BMW 初の体育会系ダートバイク、HP2 Enduro の登場です。R1200GS ベースというより、GS のエンジン等を使ったまったく別のバイクと表現すべきで、他のいかなる BMW バイクの系列にも属さない。オーナー以外では滅多に見られない細部をお見せしよう。

分解レポート 詳細をチェック

HP2エンデューロ分解レポートの画像
フレーム内に収納 (保護) されたようなフューエルタンクを外してみよう。
HP2エンデューロ分解レポートの画像
フューエルホースの接続はクイックリリースカプラーで、タンク左右に一個ずつ配置されている。現行車すべてのフューエルホースの接続はこのカプラーに統一されている。採用以前はいちいちホースをクリップで掴んでふさいでから、固く張り付いたホースを引き抜いていた。カプラー取り付け時はOリングを新品に交換し、グリスを薄く塗って差し込む。
HP2エンデューロ分解レポートの画像
電気系コネクターの接続は車体右の一ヶ所のみ。
HP2エンデューロ分解レポートの画像
タンクとフレームの固定はボルト一本。シート固定ビスと同じ T30 トルクスサイズなので、同じ工具を流用する。
HP2エンデューロ分解レポートの画像
前を支点に後部を持ち上げ、斜めになったところで後方に引き抜く。
HP2エンデューロ分解レポートの画像
ラリーパーツ定番のアチャルビス社のポリプロピレン製で非常に軽い。フルタンクで 13 リットルだから最大航続距離は 300 キロ以下だろうか。不安ならば、市販の増設サブタンクを取りつければいい。長距離ラリーに対応したビッグタンクにしなかったのはある意味正解。
HP2エンデューロ分解レポートの画像
タンク本体は半透明で、カバーの隙間から残量がすべて見える。
HP2エンデューロ分解レポートの画像
写真では見えにくいが、浮き文字で 11L という刻印がある。
HP2エンデューロ分解レポートの画像
下部には5Lの浮き文字。あと1L減ると警告灯が点灯する。

分解レポート HP2エンデューロ編 メニュー

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報