VIRGIN BMW | 第5回 サスペンション F800S・F800ST編

第5回 サスペンション

  • 掲載日/2012年06月01日【F800S・F800ST編】
  • 執筆/モトラッド阪神 田中 建次
    このコンテンツは BMW BIKES Vol.37 (発行:2007.01.11)「ディーラーメカニックが解説する F800S / ST テクニカルディテール」掲載の記事を引用しています。

F800S・F800ST分解レポートの画像

BMW 初のパラレルツインエンジン。一見して従来のFシリーズとは異なるキャラクター、サプライズともいえるプライスタグなど、各方面から注目の F800 シリーズが到着。そのメカニズムについて、メンテナンス方法も交えて世界一詳しく紹介しよう。

分解レポート 詳細をチェック

F800S・F800ST分解レポートの画像
スイングアームは片持ち。20年以上の歴史を持つ、もはや BMW の伝統である。なかなか凝った造形。もちろんアルミ製である。ストローク量はホィール中心で 140ミリ。
F800S・F800ST分解レポートの画像
ショウワ製のリアショックユニットは F650 のようなリンクを介さずにスイングアームにマウントされ、上側はメインフレームマウントである。極端に前傾されているのは、ガソリンタンクの容量をかせぐ意味もあるはずだ。
F800S・F800ST分解レポートの画像
スプリングプリロードの調整ダイヤル。標準位置はいっぱいに緩めてから、12 ノッチ締め込む。ただし、フルタンクで 85 キロライダーの設定。オーナーの体格次第で調整したほうがいいだろう。スペース上の制約があり、ダイヤルが小さめで回すのに結構な握力が要るが……。
F800S・F800ST分解レポートの画像
シートを外すと最前部にツールがはめ込まれていので取りだす。
F800S・F800ST分解レポートの画像
ダイヤルの穴に差しこめば軽く回る仕組み。ちゃんと奥まで差し込まないとツールの爪が折れそうなので注意したい。
F800S・F800ST分解レポートの画像
ダンパー (伸び側) 調整ダイヤル。標準位置は締めこんでから1/2回転緩める。ダンパー・プリロードともに調整範囲は非常に広く、ユルユルからスポーツ走行・タンデムフル積載まで余裕で対応できるだろう。エキセントリックなRやKと違い、F800 のサスペンションは極めてオーソドックスだが、お世辞抜きで非常に良くできている。
F800S・F800ST分解レポートの画像
スイングアームピボットはフレームではなくクランクケース直結である。Kなら 1100系まで、Rなら 1150系までと同じ手法。ちなみにドゥカティも同じ。スイングアーム長は 528 ミリ。ホイールベースは 1466 ミリ。

分解レポート F800S・F800ST編 メニュー

関連する記事

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報