VIRGIN BMW | 第4回 ホイール・タイヤ F800R編

第4回 ホイール・タイヤ

  • 掲載日/2012年04月18日【F800R編】
  • 執筆/モトラッド阪神 田中 建次
    このコンテンツは BMW BIKES Vol.48 (発行:2009.09.15)「ディーラーメカが解説する 世界一細かい F800R テクニカルディテール」掲載の記事を引用しています。

F800R編分解レポートの画像

800cc パラレルツインの新生Fシリーズ。スポーツツアラーの S/ST に始まり、オフロードバイクのGSに続く F800R は、欧州市場で人気のストリートスポーツだった。あえて強力なライバルがひしめく戦場に投入された F800R がいかなるものか、S/ST や GS との違いとともに、その詳細を紹介していこう。

分解レポート 詳細をチェック

F800R編分解レポートの画像
Rのホイールは、Sと同じデザイン。3.5 インチ幅の 17 インチ。アクスルシャフトの締め付けトルクは 50Nm。クランプは 20Nm。
F800R編分解レポートの画像
フロントタイヤサイズは 120 / 70ZR17。
F800R編分解レポートの画像
ブリヂストンのバトラックス BT – 014 が装着されていた。
F800R編分解レポートの画像
リアホイールもSと同じデザインだが、Rは両持ちのため専用部品。サイズは 5.5 × 17 インチ。
F800R編分解レポートの画像
リアタイヤサイズは 180 / 55ZR17。
F800R編分解レポートの画像
ブリヂストンのラインナップの中では、BT-01 系は BT-02 系よりスポーティな位置付けである。
F800R編分解レポートの画像
空気圧指定値はひとり乗りやタンデム・積載を問わずフロント 2.5ber、リア 2.9ber だが、ちょっと高すぎる。これはフル積載の数値だろう。一人乗り/街乗りなら、2.2 / 2.5 ぐらいが適切だと思う。
F800R編分解レポートの画像
フロント/リアともにエアバルブは横向き。他の車種も早く採用してほしい。

注目のアイテムはコチラ

ピックアップ情報