VIRGIN BMW | 第15回 メーター F800R編

第15回 メーター

  • 掲載日/2012年05月18日【F800R編】
  • 執筆/モトラッド阪神 田中 建次
    このコンテンツは BMW BIKES Vol.48 (発行:2009.09.15)「ディーラーメカが解説する 世界一細かい F800R テクニカルディテール」掲載の記事を引用しています。

F800R編分解レポートの画像

800cc パラレルツインの新生Fシリーズ。スポーツツアラーの S/ST に始まり、オフロードバイクのGSに続く F800R は、欧州市場で人気のストリートスポーツだった。あえて強力なライバルがひしめく戦場に投入された F800R がいかなるものか、S/ST や GS との違いとともに、その詳細を紹介していこう。

分解レポート 詳細をチェック

F800R編分解レポートの画像
メーターは上下二段式。基本的に S / ST と同じだが、文字盤のデザインを変えている。
F800R編分解レポートの画像
レッドゾーンは 8500 回転から始まる。
F800R編分解レポートの画像
Hi Line 標準装備の多機能ディスプレイ。シフトポジション、燃料計、水温計、外気温、燃費計算、平均速度計算、残走行可能距離予測、ラップタイムを表示できる。
F800R編分解レポートの画像
機能を紹介しよう。これは通常画面。
F800R編分解レポートの画像
瞬間燃費画面。走り出す前なので表示していない。
F800R編分解レポートの画像
外気温表示。
F800R編分解レポートの画像
平均速度。
F800R編分解レポートの画像
平均燃費。新車なので情報が入っていない。
F800R編分解レポートの画像
残燃料での走行可能距離。

分解レポート F800R編 メニュー

注目のアイテムはコチラ