VIRGIN BMW | 第10回 ブレーキ S1000RR編

第10回 ブレーキ

  • 掲載日/2012年03月21日【S1000RR編】
  • 執筆/モトラッド阪神 田中 建次
    このコンテンツは BMW BIKES Vol.52 (発行:2010.09.15)「最新 BMW を世界一詳しく徹底解剖 BMW マイスターが解説する S1000RR テクニカルディテール」掲載の記事を引用しています。

S1000RR編分解レポートの画像

久々に過去のいかなるモデルとも関連性を持たない、まったくのニューモデルの登場である。1000cc スーパースポーツという各社のフラッグシップがしのぎを削るカテゴリーゆえに、今まで BMW に興味が無かった層の注目度も非常に高い。今回はそのメカニズムを中心に、世界一細かく S1000RR を解説していこう。

分解レポート 詳細をチェック

S1000RR編分解レポートの画像
ブレーキマスターシリンダーはニッシンのラジアルマスター。
S1000RR編分解レポートの画像
ブレーキフルードは DOT4 が標準。
S1000RR編分解レポートの画像
ブレーキキャリパーはブレンボの4ピストンラジアルマウント。定番パーツで固められている。
S1000RR編分解レポートの画像
ステンレス製のフローティングディスクの直径は 320mm。
S1000RR編分解レポートの画像
現在の BMW はすべてブレンボ社製のブレーキディスクを使用している。
S1000RR編分解レポートの画像
リアブレーキマスターシリンダーは他の BMW と同じ一般的なもの。
S1000RR編分解レポートの画像
キャリパーは片押し1ピストン。BMW の他車に採用されているのと同じもの。
S1000RR編分解レポートの画像
ステンレス製のリジッドディスクの直径は 220mm。
S1000RR編分解レポートの画像
ブレーキホースはすべてビニールコーティングされたステンレスメッシュタイプ。
S1000RR編分解レポートの画像
ABS のホイールスピードセンサー。S1000RR の ABS は専用品で、他の ABS との最大の違いは ABS の介入レベルをモードによって切り替え可能な点だ。
S1000RR編分解レポートの画像
ノーマル状態のレバー。
S1000RR編分解レポートの画像
衝撃を受けても根元から折れないように、レバー裏にはわざと弱く作られた部分があり、折れる位置が決められている。
S1000RR編分解レポートの画像
オプションパーツの HP スポーツレバー。
S1000RR編分解レポートの画像
上方に大きく曲げることができるので、転倒時のダメージを最小限にできる。

注目のアイテムはコチラ