VIRGIN BMW | 第12回 外装部品 S1000RR編

第12回 外装部品

  • 掲載日/2012年03月26日【S1000RR編】
  • 執筆/モトラッド阪神 田中 建次
    このコンテンツは BMW BIKES Vol.52 (発行:2010.09.15)「最新 BMW を世界一詳しく徹底解剖 BMW マイスターが解説する S1000RR テクニカルディテール」掲載の記事を引用しています。

S1000RR編分解レポートの画像

久々に過去のいかなるモデルとも関連性を持たない、まったくのニューモデルの登場である。1000cc スーパースポーツという各社のフラッグシップがしのぎを削るカテゴリーゆえに、今まで BMW に興味が無かった層の注目度も非常に高い。今回はそのメカニズムを中心に、世界一細かく S1000RR を解説していこう。

分解レポート 詳細をチェック

S1000RR編分解レポートの画像
カウルの脱着はとくに隠しビスもなく、素直に分解することができる。
S1000RR編分解レポートの画像
テールカウルも同様に簡単に外れる。
S1000RR編分解レポートの画像
保安部品の脱着も同様。ビスはすべてトルクスの同じサイズに統一されているので、車載工具でも簡単にできる。
S1000RR編分解レポートの画像
リアシートはキーによる脱着式。中は小さな小物入れ。シートの素材はウレタンにビニールレザーを張ったもの。
S1000RR編分解レポートの画像
シート裏には使用頻度の高い工具が収納されている。
S1000RR編分解レポートの画像
簡易だが荷掛けフックが装備される。
S1000RR編分解レポートの画像
フロントシートはクッションたっぷりとは言えないが、比較的平坦なので苦痛度は低い。
S1000RR編分解レポートの画像
脱着は後部2 本のネジによる固定式。
S1000RR編分解レポートの画像
タンデムステップはアルミ製のしっかりした造りで、実用に足るもの。リヤフレームにボルト固定なので、不要なら簡単に外すことができる。
S1000RR編分解レポートの画像
ウインドスクリーンはクリアが標準。
S1000RR編分解レポートの画像
左右2つ、合計4つのスリットがある。カウル内の負圧化を防止し、ライダーの快適性を高めるとともに、空気抵抗を削減する。BMW の特許とのこと。
S1000RR編分解レポートの画像
ミラーはカウルを挟んでカウルステーに固定される。折りたたむことはできるが、あまり煩雑にすると根元にヒビがはいる。

分解レポート S1000RR編 メニュー

注目のアイテムはコチラ